隅田川(読み)すみだがわ

  • 東京都

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

東京都区部の東部を流れる荒川の下流部の称。本来は荒川本流の最下流部であるが、昭和初年完成の荒川放水路が本流となるに及び、その支流となった。北区の岩淵(いわぶち)水門で本流(放水路)と分かれ、曲流しながら南東方へ流れ、鐘ヶ淵(かねがふち)で大きく湾曲して南西方へ方向を転じて東京湾に注ぐ。なお、荒川放水路を荒川、本来の荒川下流部を隅田川と公称するようになったのは、1965年(昭和40)の河川法改正以来のことである。この全長23.5キロメートル。しかし、一般には鐘ヶ淵の屈曲部より下流を隅田川とよぶことが多い。隅田川は「澄んだ川」の意といわれ、住田川、墨田川、角田川とも書いた。また、須田川(すだがわ)、染田川(そめだがわ)などともいわれ、墨水(ぼくすい)、澄江(ちょうこう)の別称もある。なお、千住(せんじゅ)付近では千住川、浅草付近では浅草川といい、それより下流が大川とよばれ、江戸市民にもっとも親しまれた。両岸は墨堤(ぼくてい)とよばれ、下流は大川端(おおかわばた)とよばれた。隅田川の右岸は北、荒川、台東(たいとう)、中央の各区、左岸は埼玉県川口市および足立(あだち)、墨田(すみだ)、江東(こうとう)の各区となっている。なお隅田川を「江」と称し、川の以東を江東区、また江東地域と称している。墨田区は隅田川からつけられた区名。[沢田 清]

歴史

近世の初め、利根(とね)川は栗橋(くりはし)(埼玉県)付近から権現堂(ごんげんどう)川、庄内古(しょうないふる)川、江戸川を通って流れていたと考えられているが、その分流として浅間川、古(ふる)利根川を経、元荒川、綾瀬(あやせ)川をあわせてから古(こ)隅田川を通って隅田川へ流れていた。その点で、かつて隅田川は利根川の下流であったともいわれている。徳川家康入府後、江戸を洪水から守るため、利根川の川筋は東へ付け替えさせられた。それに伴って、荒川は元荒川から入間(いるま)川へと付け替えされ、隅田川が荒川の下流となった。荒川はその名のとおり毎年のように氾濫(はんらん)する川であったので、岩淵(北区)から延長21キロメートル、平均幅500メートルの人工河川を1911年(明治44)から1930年(昭和5)までかけて工事し完成させた。この水路は荒川放水路とよばれ、荒川と公称されるにつれ、隅田川はその支流として取り扱われるようになった。[沢田 清]

沿岸の景観

北区岩淵は、かつて岩槻(いわつき)街道(日光御成道(おなりみち))の宿駅(しゅくえき)として栄えた所。ここから下流は、水運の便と地価の安い土地であることから近代工業の地域として利用され、化学、金属、油脂、食品などの工場が沿岸に立地している。荒川区尾久(おぐ)付近の隅田川は直線コースで、ボート場としてよく利用された。ここから南に曲流した所が足立区千住で、日光(奥州)街道筋に千住大橋が架かっている。南岸が荒川区南千住、北岸が足立区千住橋戸町、その両方にまたがって日光街道第一番目の宿として千住宿が設けられた。鐘ヶ淵(現、墨田区堤通(つつみどおり)1~2丁目)に1889年(明治22)立地した紡績工場は、地名をとって鐘ヶ淵紡績(のちカネボウ)と名づけられた。その旧工場跡一帯は、江東地域の再開発事業の一環として高層住宅街に変容した。台東区の浅草、対岸の墨田区の向島(むこうじま)は、江戸情緒をよく残す所で、両区にまたがって隅田公園があり、前者は待乳山聖天(まつちやましょうでん)と吉原へ通う猪牙(ちょき)舟の通った山谷(さんや)堀、後者は墨堤の桜と隅田川七福神巡りと、長命寺(ちょうめいじ)の桜餅(もち)や言問団子(ことといだんご)で知られる。また、向島百花園はとくに秋の風情で親しまれている。台東区蔵前(くらまえ)は幕府の米蔵(こめくら)が建ち並んだ所、その対岸は相撲(すもう)と花火の両国(りょうごく)。これより下流は中央区と江東区で河港として倉庫群が目だつ。浜町(現、中央区日本橋浜町一帯)の料亭街と深川の中心地を過ぎれば河口部で、佃島(つくだじま)、石川島の二つの川中州と、外国人居留地であった築地(つきじ)がある。[沢田 清]

隅田川十六橋

隅田川に架かる橋のうち、千住大橋以南の16の橋を十六橋(じゅうろくきょう)とよび、親しまれている。千住大橋はもっとも早く架けられた橋で1594年(文禄3)開設、白鬚(しらひげ)橋は律動的なアーチ形の橋、X形の桜橋は1985年(昭和60)架橋の最新橋、言問橋は直線の美しさで知られ、吾妻(あづま)橋はもとは大川橋とよばれ、「竹町の渡し」の上流に架けられ、橋の下から橋巡りの水上バスが出る。駒形(こまがた)橋は、なで肩の優しい曲線を描き、厩(うまや)橋は三つのアーチを連ね、蔵前橋は両国橋とともに橋柱が上に出ていないスマートさを誇り、新大橋(しんおおはし)は中央に大鉄柱が立ち直線的幾何学模様をみせる。清洲(きよす)橋は曲線の美しさで隅田川第一の美橋といわれ、隅田川大橋は高速道路と遊歩道が2階建てで、永代(えいたい)橋は男性的な重量感にあふれる。相生橋は分岐した晴海運河に架かり、深川と月島を結ぶ。佃大橋は300年も続いた「佃の渡し」にかわるものでシンプルで明るい感じがあり、かつて跳ね橋であった勝鬨橋(かちどきばし)で終わる。[沢田 清]

水質汚濁と清流への努力

隅田川の両岸は工業地域と人口密集地帯のため、経済の高度成長期を迎えて汚濁が激しくなり、1963年(昭和38)水中の溶存酸素がゼロで「死の川」と判定された。その対策として利根大堰(とねおおぜき)、武蔵水路などによって利根川の水を引水、朝霞(あさか)で新河岸(がし)川にその一部を放水、工場廃水の処置と相まって清流化に努めた。その結果、メタンガスなど悪臭は消え、また水辺のテラスが整備されるなど、市民にふたたび親しまれるようよみがえりつつある。[沢田 清]
『『隅田川』(1965・朝日新聞社)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

隅田川の関連情報