じっと

精選版 日本国語大辞典の解説

じっ‐と

〘副〙
① 体を動かさないで静かにしているさまを表わす語。
※申楽談儀(1430)よろづの物まねは心根「舞止むる時の扇は、〈略〉じっと止むる也」
② 力をこめて押したり引いたり締めつけたりなどするさまを表わす語。ぎゅっと。
※六物図抄(1508)「四鉢を取てかさねて左手に置て右手にてじっとをし合」
③ がまんしながら静かにしているさま、堪え忍んでいるさまを表わす語。
※土井本周易抄(1477)三「地の中へはいってじっと止息してをるぞ」
④ 深く静かに考えこむさまを表わす語。つくづく。つらつら。よくよく。
※大学垂加先生講義(1679)「これをかうせふずとぢっと心に覚悟するところ、意思などと云義にて、力の入る思入なり」
⑤ 視線をそらさないで、物をよく見つめるさまを表わす語。つくづく。
※玉塵抄(1563)八「帝の左右の臣をじっとみていわしむたぞ」
[補注]かなづかいは、古くは「じっと」が多く、江戸期から明治にかけて「ぢっと」も多くなる。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉の解説

じっ‐と

[副](スル)
動かないで、そのままの状態を保つさま。「家でじっとしている」
視線や心などを集中して、よく見たり考えたりするさま。つくづく。「相手の顔をじっと見つめる」「じっと考え込む」
心を抑えてがまんするさま。「非難にじっと耐える」
力をこめて、押したり引いたり踏んだりするさま。ぎゅっと。
「陳平が高祖の足を―踏んだぞ」〈蒙求抄・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民投票法

正式名称は「日本国憲法の改正手続に関する法律」。平成19年法律第51号。2007年(平成19)5月18日に制定され、施行は3年後の2010年5月18日である。この法律は、日本国憲法第96条に定める日本...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android