コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

じっと ジット

デジタル大辞泉の解説

じっ‐と

[副](スル)
動かないで、そのままの状態を保つさま。「家でじっとしている」
視線や心などを集中して、よく見たり考えたりするさま。つくづく。「相手の顔をじっと見つめる」「じっと考え込む」
心を抑えてがまんするさま。「非難にじっと耐える」
力をこめて、押したり引いたり踏んだりするさま。ぎゅっと。
「陳平が高祖の足を―踏んだぞ」〈蒙求抄・四〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

じっと

( 副 ) スル
凝視するさま。つくづく。 「 -見まもる」
我慢するさま。耐えるさま。 「 -痛さをこらえる」
動かずにいるさま。 「 -立っている」
力をこめるさま。ぎゅっと。 「昆陽野こやのの宿の遊女が、袖を-控いて/狂言・茶ぐり 天正本

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

じっとの関連キーワード矢も盾もたまらない棒を飲んだよう穴のあくほどたじろがすちょこまか息を潜める睨み付ける瞳を据える目を凝らす瞳を凝らす目を据える息を凝らす眺め入る隠忍自重見据える喜び勇む忍耐強い堪え忍ぶ見詰める腕が鳴る

今日のキーワード

白根山

① 栃木県と群馬県との境にある火山。山中に五色沼、北麓に丸沼・菅沼がある。海抜25...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

じっとの関連情報