コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スコール squall

翻訳|squall

デジタル大辞泉の解説

スコール(squall)

急に吹きだす強い風。数分間で弱まるが、驟雨(しゅうう)や雷を伴うこともある。
熱帯地方の強風を伴う激しいにわか。局地的な上昇気流が原因で、ほとんど毎日定期的に降る。

スコール(〈デンマーク〉skaal)

[感]乾杯のときのかけ声。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

百科事典マイペディアの解説

スコール

突然吹き出す強い風。一般に数分間続き,突然にやむ。継続時間が風の息より長い。大気の不安定により起こり,鳴,雷光,降雨を伴うこともある。日本では熱帯の驟雨(しゅうう)の意味に使われることが多い。
→関連項目人工降雨

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

パラグライダー用語辞典の解説

スコール

局地的に発生した、雨や雷を伴なったのこと。

出典 パラグライダー用語辞典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

スコール【squall】

急に吹き始める強い風で,一般に数分間続いた後,ふたたび急におさまってしまう。スコールは一般に降水や雷雨を伴うので,それらをいっしょにして取り扱うことが多い。世界気象機関(WMO)の委員会で1962年に採択された定義によると,〈風速が少なくとも8m/sだけ急上昇して11m/s以上に達し,少なくとも1分間は続く〉となっている。なお,スコール・ラインsquall lineとは,元来,寒冷前線のことを意味したが,現在では線状に広がる激しい対流現象をいう。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

大辞林 第三版の解説

スコール【skål】

乾杯。

スコール【squall】

熱帯地方特有の激しいにわか雨。また、その時に急に吹き出し、数分間続いたのち、突然に吹きやむ風。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

知恵蔵miniの解説

スコール

南日本酪農協同株式会社が製造・販売している乳性炭酸飲料。スコールはデンマーク語で「乾杯」の意。キャッチコピーは「愛のスコール」。1971年に開発され、翌72年に発売された。以来、同社の看板商品となり、関西地区、中京地区、関東地区へと販路を拡大。2015年には日本コカ・コーラ株式会社とライセンス契約を締結し、同社の自動販売機にて幅広くスコールの販売を開始した。17年3月より西日本エリア限定で販売されていたサッポロビール株式会社とのコラボレーション商品「サッポロ 愛のスコールホワイトサワー」が大ヒットし、同年9月より全国発売された。

(2017-9-5)

出典 朝日新聞出版知恵蔵miniについて 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スコール
すこーる
squall

気象状況を表す用語で、二つの意味がある。その一つは局地的な悪天気で、発達した雲に伴い雷が鳴って強い雨が降ったりする。多くの場合、風も強い。航海用語としては、このほうが普通である。もう一つは、強い風が急に吹き出す現象で、その風は数分程度で弱まることが多い。風の息、つまり風が強まったり弱くなったり変動する現象とは異なる。両者を区別するため、風速が少なくとも8メートル毎秒増大して11メートル毎秒以上となり、それが1分間以上続く場合が、国際的に決められたスコール現象の規準とされている。雲や雨を伴うものをブラック・スコール、雲がなくて海面が白くみえる場合をホワイト・スコールともいう。スコールラインsquall lineは、もともとは、寒冷前線などに伴う長く伸びた悪天域をさしたが、いまは、低気圧の温暖域に現れる線状の対流現象を意味し、不安定線ともよばれる。スコールの有無には関係ない。[篠原武次]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

スコールの関連キーワードマンチェスター・ユナイテッド日本のおもな水族館ガダルカナル・タカ世界のおもな局地風ミストラル(風)エチオピア(国)アレクセイ1世ピーター・パンキノボリウオパナマ(市)熱帯雨林気候ロシア正教会シンガポールレーダー航法インターホンブリジェンド赤道無風帯東南アジア軽金属工業7月24日

今日のキーワード

跋扈

[名](スル)《「後漢書」崔駰伝から。「跋」は越える意、「扈」は竹やな》魚がかごを越えて跳ねること。転じて、ほしいままに振る舞うこと。また、のさばり、はびこること。「軍閥の跋扈」「悪辣な商売が跋扈する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スコールの関連情報