コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロ モロ Moro, Aldo

7件 の用語解説(モロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロ
モロ
Moro, Aldo

[生]1916.9.23. プーリアマリエ
[没]1978.5.9? ローマ?
イタリアの法学者,政治家。 1940年パリ大学卒業。パリ大学,ローマ大学で刑法を講義。 46年憲法制定議会議員となり,その後キリスト教民主党に入党。 49年外務次官,53~55年キリスト教民主党下院院内総務,55~57年法相,57~59年教育相,59~63年党幹事長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モロ
モロ
Moro, César

[生]1903. リマ
[没]1956. リマ
ペルーの詩人。シュルレアリストとしてパリを中心に活躍。フランス語による作品が多く,『グリズーの城』 Le Château de Grisou (1943) ,『愛の手紙』 Lettre d'Amour (44) などが代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

モロ(Moro)

《元来スペイン語イスラム教徒の意》フィリピン南部のスールー諸島ミンダナオ島に多く居住し、分離独立運動を続けているイスラム教徒の総称。モロ族。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

モロ

フィリピンのスルー,パラワン,ミンダナオ等の島に分布するイスラム教徒の総称。およそ250万人。実際には言語と文化を異にする複数の集団を含むが,スペイン人によって一括してモロ(ムーア人)と呼ばれた。
→関連項目サンボアンガスールー[諸島]パラワン[島]フィリピンミンダナオ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

岩石学辞典の解説

モロ

フィンランドの地方語で,ラパキヴィ花崗岩から形成されたグラス(grus)をいう[Eskola : 1949].

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

栄養・生化学辞典の解説

モロ

 [Decapterus macrosoma].ムロ,モロアジともいう.スズキ目アジ科ムロアジ属の海産魚.ムロアジ,クサヤモロとは区別される.35cmほどになる.食用魚.

出典|朝倉書店
Copyright (C) 2009 Asakura Publishing Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大辞林 第三版の解説

モロ【Moro】

フィリピンに居住するイスラム教徒の総称。南部のミンダナオ島・スールー諸島などに多く住む。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

モロの関連キーワードアーリア人プーリーパーリアクプーリアウォーリアPU-PU-PU-ハンガリアン・プーリーモーリア社ドーリア人アンプーリアス

モロの関連情報