コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

モロ モロMoro, Aldo

7件 の用語解説(モロの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

モロ
モロ
Moro, Aldo

[生]1916.9.23. プーリアマリエ
[没]1978.5.9? ローマ?
イタリアの法学者,政治家。 1940年パリ大学卒業。パリ大学,ローマ大学で刑法を講義。 46年憲法制定議会議員となり,その後キリスト教民主党に入党。 49年外務次官,53~55年キリスト教民主党下院院内総務,55~57年法相,57~59年教育相,59~63年党幹事長。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

モロ
モロ
Moro, César

[生]1903. リマ
[没]1956. リマ
ペルーの詩人。シュルレアリストとしてパリを中心に活躍。フランス語による作品が多く,『グリズーの城』 Le Château de Grisou (1943) ,『愛の手紙』 Lettre d'Amour (44) などが代表作。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル大辞泉の解説

モロ(Moro)

《元来スペイン語イスラム教徒の意》フィリピン南部のスールー諸島ミンダナオ島に多く居住し、分離独立運動を続けているイスラム教徒の総称。モロ族。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

百科事典マイペディアの解説

モロ

フィリピンのスルー,パラワン,ミンダナオ等の島に分布するイスラム教徒の総称。およそ250万人。実際には言語と文化を異にする複数の集団を含むが,スペイン人によって一括してモロ(ムーア人)と呼ばれた。
→関連項目サンボアンガスールー[諸島]パラワン[島]フィリピンミンダナオ[島]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

栄養・生化学辞典の解説

モロ

 [Decapterus macrosoma].ムロ,モロアジともいう.スズキ目アジ科ムロアジ属の海産魚.ムロアジ,クサヤモロとは区別される.35cmほどになる.食用魚.

出典|朝倉書店
栄養・生化学辞典について | 情報

モロの関連キーワードアロー号ブロッホ歴史小説フランツイリゴージェンオスメーニャ佐々木隆興芥川竜之介岩本栄之助エッケルト

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone

モロの関連情報