コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

三島[市] みしま

百科事典マイペディアの解説

三島[市]【みしま】

静岡県東部の市。1941年市制。伊豆半島基部,沼津市の東に位置し,狩野(かの)川流域の低地と箱根火山南西麓を占める。中心街は古代の伊豆国府,国分寺のおかれた地で,のち三島大社鳥居前町東海道箱根越えの要衝をなす宿場町として繁栄した。
→関連項目清水[町]長泉[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

みしま【三島[市]】

静岡県東部の市。1941年市制。人口10万7890(1995)。北東部は箱根山の西麓,南部は田方平野に位置する。古代には伊豆の国府が置かれ,三嶋大社門前町として,近世には箱根山を背後に東海道の中でも重要な宿場町として発達した。1889年に東海道本線が三島をそれ,御殿場経由で建設されたために一時的にさびれるが,1934年の丹那トンネル開通による路線変更,三島駅開設によりにぎわいを取り戻した。東海道新幹線が通り,三島駅を起点に伊豆箱根鉄道修善寺まで通じるなど伊豆方面への玄関口の一つである。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

三島[市]の関連キーワード狩野川長泉

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android