太宗(唐)(読み)たいそう

百科事典マイペディアの解説

太宗(唐)【たいそう】

中国,唐朝第2代皇帝(在位626年―649年)。姓名は李世民。李淵(高祖)の次子。隋末の動乱に父とともに挙兵。唐朝の事実上の建設者。618年尚書令(総理大臣)となり,功をねたんだ兄の皇太子(建成)らを626年玄武門で殺し,父の譲位を受けた。天下の統一を完成,広く人材を集め,律令政治を整備,外征にも功をあげて,唐朝の基礎を確立。その治世は〈貞観(じょうがん)の治〉と呼ばれる。
→関連項目高宗(唐)昭陵都護府飛白

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

367日誕生日大事典の解説

太宗(唐) (たいそう)

生年月日:598年12月22日
中国,唐朝の第2代皇帝(在位626〜49)
649年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android