コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

望月[町] もちづき

百科事典マイペディアの解説

望月[町]【もちづき】

長野県東部,北佐久郡の旧町。小諸市の南西にある農山村地域で,中山道宿場町であった望月が中心。稲作,畑作,林業を行う。薬用ニンジン,酒も産する。2005年4月南佐久郡臼田町,北佐久郡浅科村と佐久市へ編入。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

もちづき【望月[町]】

長野県東部,北佐久郡の町。人口1万0956(1995)。蓼科(たてしな)山(2530m)北麓に位置し,町域の約8割は山林・原野である。蓼科山に源を発する八丁地川,鹿曲(かくま)川,細小路川,布施川などが北流し,川沿いに集落が散在する。町名は古代の官牧,望月牧にちなみ,中世には望月氏がいた。中心集落の望月は中山道の宿場本陣跡や家並みにおもかげが残る。主産業は農業で,米作,野菜栽培,畜産が行われヤクヨウニンジンは特産物である。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

望月[町]の関連キーワード佐久市

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android