コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

熊野[市] くまの

百科事典マイペディアの解説

熊野[市]【くまの】

三重県南部の市。1954年市制。中心は熊野灘に臨み紀勢本線が通じる木本(きのもと)。市域紀伊山地に属する山地を占め,80%が山林で木材を多産し,製材が盛ん。山腹でのミカン栽培,沿岸漁業も営む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

くまの【熊野[市]】

三重県南部の市。1954年木本(きのもと)町と荒坂,新鹿(あたしか),泊,有井,五郷(いさと),神川,飛鳥の7村が合体,市制。人口2万2257(1995)。市域の大部分は紀伊山地の山林だが,南東部は熊野灘に臨む。海岸線の北半はリアス海岸,南半は七里御浜(しちりみはま)と呼ばれる単調な砂礫(されき)海岸で,両者の接合部に中心市街地木本がある。かつて熊野三山神領であったが,近世には紀州藩領となり,代官所がおかれた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

熊野[市]の関連キーワード吉野熊野国立公園那智黒鬼ヶ城

今日のキーワード

主婦休みの日

1、5、9月の25日。年3回。株式会社サンケイリビング新聞社が制定。主婦にはリフレッシュ、ほかの家族には家事を提唱する。年末年始、ゴールデンウィーク、夏休みといった忙しい期間の後に設定されている。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android