分散(読み)ぶんさん(英語表記)dispersion

翻訳|dispersion

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

分散(光学)
ぶんさん
dispersion

光学用語で入射光がプリズムなどで波長(または振動数)ごとに分離する現象。光の媒質での屈折率が波長により異なることから発生する。媒質の屈折率が光の波長により異なるのは、入射光と媒質の分子の相互作用のためである。媒質の物性(屈折率、誘電率、透磁率、弾性率など)が入射光の振動数により変化するのは、各物性値が入射光に対する応答関数と考えられるからである。このような関係を分散関係とよぶ。屈折率は可視光域では、光の波長が短くなるほど大きくなるが、この状態を正常分散とよび、逆に屈折率が小さくなる場合は異常分散とよばれる。[山本将史]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

新華社

中華人民共和国の国営通信社。新華通訊社が正式名称。 1931年延安で創立され,48年北京に移り,現在は政府国務院新聞総署の管轄下にある。特に文化大革命以後は重要度が高まり,党と政府の発表はここを通じて...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

分散の関連情報