大津(市)(読み)おおつ

  • 大津

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

滋賀県南西部、琵琶(びわ)湖南西岸にある市で、県庁所在地。1898年(明治31)市制施行。その後、1932年(昭和7)滋賀村、1933年膳所(ぜぜ)町、石山(いしやま)町、1951年(昭和26)坂本、下阪本、雄琴(おごと)、大石、下田上(しもたなかみ)の5村、1967年堅田(かたた)町、瀬田(せた)町を編入。2003年には全国で10番目の古都保存法による政令指定を受けている。2006年滋賀郡志賀町(しがちょう)を編入。2009年(平成21)中核市に指定。面積464.51平方キロメートル、人口34万0973(2015)。[高橋誠一]

自然

琵琶湖南湖の西岸と瀬田川左岸にまで及ぶL字形の細長い市域を有する。琵琶湖西岸と瀬田川右岸には北から比良(ひら)、比叡(ひえい)山系と音羽(おとわ)山地が湖岸、河岸近くにまで迫る。これらの山から流下する河川による複数の小扇状地が狭長な平地を形成しており、多くの集落が発達している。これに対して瀬田川左岸には南に田上山地、北に沖積平野が広がる。比良山系東側には古琵琶湖層群の滋賀丘陵が続き、音羽山地や瀬田丘陵にも同様の更新世(洪積世)の丘陵が存在する。比良山系西側には著名な花折(はなおれ)断層が南北に続き、葛川(かつらがわ)峡谷を形成している。また比叡山系南部と田上山地は粗粒花崗(かこう)岩の山地。琵琶湖南湖、瀬田川の汚濁や富栄養化が大きな問題となっている。[高橋誠一]

歴史

大津とその周辺には縄文時代以降の著名な考古学的遺跡が多い。淡水貝塚である石山貝塚をはじめとして蛍谷(ほたるだに)貝塚、粟津(あわづ)湖底遺跡が瀬田川、南湖畔で発見されている。滋賀里(しがさと)式土器という考古学上の名称によっても縄文時代におけるこの地域の重要性が理解できる。また弥生(やよい)時代の遺跡も多く、とくに石山や崇福寺(すうふくじ)跡からの銅鐸(どうたく)出土記録は有名である。古墳は市内に1000基以上もの存在が推定され、渡来系氏族との結び付きが強い例も多い。ことに後期古墳の稠密(ちゅうみつ)な滋賀里地区には、景行(けいこう)、成務(せいむ)両天皇による高穴穂宮(たかあなほのみや)伝承地(穴太(あのう))や大津京も含まれており、注目すべき地域である。
 667年(天智天皇6)から6年間置かれた大津京については、従来諸説があり、その都市プランはなお明らかではない。しかし1974年(昭和49)に大津市の錦織(にしこおり)の「御所ノ内」で宮殿と推定される遺構が発掘され、1978年県教育委員会によって大津宮として認められた。しかし、この地区を宮跡と考えれば京域をどう比定するのか、などの問題点がなお残されている。近江(おうみ)国府は瀬田川左岸の瀬田に置かれたことは確実であり、国庁の発掘調査によってその全容が解明されつつある。恵まれた交通条件もあって大津市には帝都と国府が設置されたが、これらは現在の大津市街地とかならずしも直接的に結び付くものではない。むしろ平安時代以降、ことに重要性を増した大津浦や、門前町を形成した園城寺(おんじょうじ)、逢坂関(おうさかのせき)の近くの関寺などが大津市街地の形成にとっては、より大きな意味をもつ。
 中世以降も物資中継地として重要な位置にあり、とくに豊臣(とよとみ)秀吉によって大津城が築かれ、大津百艘船(ひゃくそうせん)の制が決められてからは、水陸交通の要衝、戦略的要地としての発展が著しかった。江戸時代、幕府は大津町を幕府領とし、大津城を膳所に移して膳所藩を置き、これ以降、港と宿場町の大津と、城下町の膳所という二極構造が生まれることになった。[高橋誠一]

産業

近世には大津そろばんや針製造、さらに膳所焼などがよく知られ、現在でも長い伝統をもつ大津絵、組紐(くみひも)、近江鳥の子紙などの生産が続けられている。近代工業としては石山、瀬田地区を中心に紡績、化学、電気、食品、電子デバイスなどの工場が立地している。[高橋誠一]

交通

大津の交通上の重要性は古く、明治以後も近代的交通機関が集中する。1869年(明治2)の大津―海津間の外輪船就航に始まり、太湖汽船会社の発足、1880年の東海道本線逢坂山トンネルの完成と大津―京都間の鉄道開通、疎水の開通、大正期の新逢坂山トンネルの建設、京津電鉄(現、京阪電鉄京津線)や江若(こうじゃく)鉄道(大部分は現、JR湖西線(こせいせん))の開通で、とくに京都との結び付きが強くなった。京阪電鉄には京都市地下鉄も乗り入れしている。現在では瀬田川に5本の橋が架けられ、東西日本を連絡する大動脈として機能している。[高橋誠一]

文化・観光

延暦寺(えんりゃくじ)、園城寺(三井寺)、日吉(ひえ)大社、聖衆来迎寺(しょうじゅらいこうじ)、西教寺、石山寺などの古社寺や、近江国庁跡、南滋賀町廃寺跡、義仲寺(ぎちゅうじ)境内などの国指定史跡の存在と、琵琶湖、瀬田川の景観とが相まって、大津は観光地としても知られる。延暦寺は1994年に世界文化遺産に登録されている。古くは『万葉集』にも詠まれ、『蝉丸(せみまる)』『志賀』などの謡曲にも取り入れられ、さらに井原西鶴(さいかく)『好色一代男』や松尾芭蕉(ばしょう)『幻住庵記(げんじゅうあんき)』の舞台ともなった。また、いわゆる「近江八景」のうち六景が大津市内に含まれる。独特の「大津絵」は現在もなお人気を集めている。琵琶湖大橋(1964)、近江大橋(1974)の完成や、比叡山・奥比叡ドライブウェイの開通も大津の観光面での発展を促進し、単なる史跡観光のみではなく、スポーツ、レジャーの拠点となっている。文化施設に県立近代美術館、県立芸術劇場びわ湖ホール、市歴史博物館、近江神宮時計館宝物館、木下美術館などがある。そのほか、比叡山の東麓には雄琴(おごと)温泉がある。1995年には大津港の防波堤に大噴水(びわ湖花噴水)が完成した。[高橋誠一]
『奈良本辰也・小牧実繁編『新大津市史』(1962・大津市) ▽『新修大津市史』(1978~1988・歴史博物館・大津市)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

大津(市)の関連情報