コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大津[町] おおづ

2件 の用語解説(大津[町]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大津[町]【おおづ】

熊本県北部,菊池郡の町。白川の低地と阿蘇外輪山西斜面にまたがる。主集落は豊後(ぶんご)街道(国道57号線)の旧宿場町で,豊肥本線が通じる。農業を営むほか,酒造,オートバイ,製材,縫製,鋳物などの工業も行う。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおづ【大津[町]】

熊本県北部,菊池郡の町。人口2万6376(1995)。阿蘇外輪山の西麓を占め,外輪山を切って白川が西流し,川沿いに沖積低地が形成されている。白川北岸の段丘上にある中心集落の大津は江戸時代は豊後(大津)街道の宿駅で,熊本から江戸への参勤の際の最初の宿泊地であり,本陣が置かれ,旅籠が立ち並んでいた。また大津手永会所が仲町にあり,周辺の政治・経済の中心地であった。現在も街村状の町並みが発達している。畜産,米などを主体とする農業を基幹産業としてきたが,1973年北部台地へ本田技研工業のオートバイ工場が誘致され,その関連工場の進出もあって町の性格は大きく変わった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大津[町]の関連キーワード高木古泉阿蘇菊池川山鹿荒尾菊池熊本玉名菊池渓谷飛騨

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone