最(漢字)

普及版 字通「最(漢字)」の解説


常用漢字 12画

(異体字)
12画

[字音] サイ
[字訓] とる・あつめる・もっとも

[説文解字]

[字形]
正字はに作り、(ぼう)+取。取は耳をもつ形。戦場で敵を討ち取ったとき、その左耳を切って証とし、それによって軍功を定めた。〔説文〕七下に「犯して取るなり」とし、また字条七下に「積むなり」とするが、両字は声義同じく、もと同字である。・冖(べき)は上から覆う形。左耳を集めて、その数を軍功としたので、とは首功、第一の功をいう。集める意もあり、撮の初文。副詞にして「もっとも」という。

[訓義]
1. とる、あつめる、討ち取った敵の左耳を切ってあつめる。
2. 左耳の数で軍功を定め、首功を最という。
3. 撮の初文で、とり集める、ひろい集める。
4. すべる、くくる、しめくくる。
5. もっとも、はなはだ、すぐれる、第一。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕最 ツトム・モトム・モトモ・アツマル・イト・スグル・アツム・ハジメ・クタク/最 ハツホ

[声系]
〔説文〕に最声として撮を収め、「兩指もて撮るなり」という。つまみあげるというほどの意。

[語系]
最tzuat、撮tsuatは声義近く、撮は最から分化した字。纂tzuan、dzhoan、dzuanはみな纂集の意をもち、また最・撮と関連のある語である。

[熟語]
最愛・最下・最佳・最課最宜最鉅・最近最啓最賢・最後・最功・最工・最好・最幸・最高・最終・最初・最小・最勝最上・最新・最盛・最先最善最尊最多・最大最中・最低・最殿・最微・最品最凡・最末・最目最尤・最優・最要最吏

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

地対地ミサイル

〘名〙 (surface-to-surface missile の訳語) 地上または艦上から、地上または海上の目標に対して発射されるミサイル。大陸間弾道弾(ICBM)、中距離弾道弾(MRBM)など。S...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android