梅雨・黴雨(読み)つゆ

大辞林 第三版の解説

つゆ【梅雨・黴雨】

6月頃降り続く長雨。また、その頃の季節。太陽暦で6月10日頃から7月10日頃までの間。五月雨さみだれ。ばいう。 [季] 夏。 《 わらうてはをられずなりぬ-の漏 /森川暁水 》 → ばいう(梅雨)

ばいう【梅雨・黴雨】

〔梅の実の熟する頃に降る雨の意。また、この時期に黴かびが生じやすいことから黴雨の意ともいう〕
六月から七月中旬にかけ、朝鮮南部、長江下流域や北海道を除く日本に見られる雨期。梅雨前線上を低気圧が次々と東進することによる。五月中旬頃に走り梅雨づゆを見、六月中旬頃に梅雨入り(入梅にゆうばい)となる。雨がちで梅雨冷え(梅雨寒つゆざむ)のする陰鬱な天気が続くが、梅雨の中休みには五月さつき晴れになることもある。梅雨の末期には、ときに集中豪雨を各地にもたらす。やがて太平洋高気圧が強まって前線を北方へ押しやると梅雨明け(出梅しゆつばい)となって盛夏を迎える。雨量の少ない空梅雨からつゆの年や梅雨明け後に戻り梅雨をみる年もある。つゆ。さみだれ。 [季] 夏。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

つゆ【梅雨・黴雨】

〘名〙 六月前後の、雨やくもりの日が多く現われる時期をいう。また、その時期の気象状況。北海道を除く日本および中国の揚子江流域、朝鮮南部に特有のもの。ばいう。五月雨(さみだれ)。《季・夏》 〔文明本節用集(室町中)〕

ばい‐う【梅雨・黴雨】

〘名〙 (梅の実の熟する時期に当たるからとも、物に黴(かび)が生じやすいからともいう) 夏至を中心とした前後およそ二〇日ずつ程の雨期。また、その雨。日本本土、南朝鮮、華中・華南に特有。日本付近にほぼ東西に走る停滞前線(梅雨前線という)が生じ、これに沿って小低気圧が通り、雨を降らせる。五月雨。つゆ。《季・夏》
※本朝文粋(1060頃)九・鴻臚館餞北客帰郷詩序〈紀在昌〉「于時桂月漸傾、梅雨斜落」
※俳諧・韻塞(1697)五月「夕だちのかしら入たる梅雨哉〈丈草〉」 〔李嘉祐‐発青泥店至長余県西涯山口詩〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ラグビーワールドカップ2019日本大会

2019年9月20日から11月2日まで、日本で行われる15人制ラグビーの世界大会。ラグビーユニオンの国際統括団体であるワールドラグビー(World Rugby)が主催し、ナショナルチームの世界一を決定...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android