コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

梅雨・黴雨 つゆ

2件 の用語解説(梅雨・黴雨の意味・用語解説を検索)

大辞林 第三版の解説

つゆ【梅雨・黴雨】

6月頃降り続く長雨。また、その頃の季節。太陽暦で6月10日頃から7月10日頃までの間。五月雨さみだれ。ばいう。 [季] 夏。 《 わらうてはをられずなりぬ-の漏 /森川暁水 》 → ばいう(梅雨)

ばいう【梅雨・黴雨】

〔梅の実の熟する頃に降る雨の意。また、この時期に黴かびが生じやすいことから黴雨の意ともいう〕
六月から七月中旬にかけ、朝鮮南部、長江下流域や北海道を除く日本に見られる雨期。梅雨前線上を低気圧が次々と東進することによる。五月中旬頃に走り梅雨づゆを見、六月中旬頃に梅雨入り(入梅にゆうばい)となる。雨がちで梅雨冷え(梅雨寒つゆざむ)のする陰鬱な天気が続くが、梅雨の中休みには五月さつき晴れになることもある。梅雨の末期には、ときに集中豪雨を各地にもたらす。やがて太平洋高気圧が強まって前線を北方へ押しやると梅雨明け(出梅しゆつばい)となって盛夏を迎える。雨量の少ない空梅雨からつゆの年や梅雨明け後に戻り梅雨をみる年もある。つゆ。さみだれ。 [季] 夏。

出典|三省堂
大辞林 第三版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone