無節操(読み)むせっそう

精選版 日本国語大辞典「無節操」の解説

む‐せっそう ‥セッサウ【無節操】

〘名〙 (形動) 節操のないこと。行為に節度のないこと。また、そのさま。無節
の花(1901)〈田山花袋〉一〇「一言の下に、多情だの無節操だのと罵って了ふやうな事」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「無節操」の解説

む‐せっそう〔‐セツサウ〕【無節操】

[名・形動]節操のないこと。また、そのさま。「無節操な振る舞いをする」
[類語]うやむや不確か曖昧あやふや漠然おぼろげぬらりくらりぬらくらのらりくらりのらくらぼやかす洞ヶ峠言を左右にする言葉を濁す煮え切らないどっちつかず要領を得ない

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android