ちょろい

大辞林 第三版の解説

ちょろい

( 形 )
考え方などが安易だ。浅薄だ。甘っちょろい。 「簡単にだまされるとは、彼もずいぶん-・い男だ」 「そんな-・い手に乗るものか」
容易だ。簡単だ。 「こんなテストぐらい-・いもんだ」
取るに足りない。つまらない。 「霊仏霊宝さへ残らず焼けたるに、此の-・い挟箱一つ残りたるは/浮世草子・好色万金丹」
なまぬるい。てぬるい。 「 - ・い穿鑿せんさく/浮世草子・好色万金丹」
[派生] -さ ( 名 )

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

デジタル大辞泉の解説

ちょろ・い

[形]
非常に簡単である。容易に処理できる。「この問題を解くことぐらい―・いさ」
考え方・やり方が安易である。「そんな―・い手にのるものか」
手ぬるい。
「ねっそりの牛盗人、―・い工みのあめだ牛」〈浄・関八州繋馬〉

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ハイジ男子

アンダーヘアを永久脱毛した男性を指す造語。英語で「衛生」を意味する「ハイジーン」が語源で、アンダーヘアを永久脱毛した女性を指す「ハイジニーナ」にちなんで生まれた言葉とされる。欧米諸国では男性のアンダー...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ちょろいの関連情報