クイック(英語表記)KWIC key-word-in-context

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

クイック
KWIC key-word-in-context

情報処理におけるデータ整理の一形式で,キーワードが現れる前後の文脈を一緒にプリントしたものである。右 (左) 端にその文の出てくる出典,その他の情報をつけ加えることが多い。論文の表題などをこのようにしてプリントすると,必要なものが取出しやすい。これに似たものに,KWOC (key-word-out-of-context)があり,これは左端に並んで出されたキーワードに従って,そのキーワードを含む文脈を並べてプリントしたものである。

クイック
Quick, Oliver Chase

[生]1885
[没]1943
イギリス国教会の神学者。オックスフォードのコルプス・カレッジの出身。ニューカッスル,カーリスル,セント・パウルズ,ダラム,クライスト・チャーチの定住評議員,ダラム大学の神学および教会史教授 (1934~39) を経て,オックスフォード大学の欽定講座担当教授となる (39) 。正統的アングリカン神学の代表者で,正統信仰と近代的な批判学の成果を統一しようとした。その体系的な著作『キリスト教組織神学』 Doctrines of the Creed (38) は多くの版を重ね,彼の代表作であるばかりではなく,アングリカン神学を代表するものである。ほかに"Catholic and Protestant Elements in Christianity" (24) ,"The Gospel of Divine Action" (33) ,"The Gospel of the New World" (44) などがある。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本の企業がわかる事典2014-2015の解説

クイック

正式社名「株式会社クイック」。英文社名「QUICK CO., LTD.」。サービス業。昭和55年(1980)「株式会社クイックプランニング」設立。平成2年(1990)現在の社名に変更。本社は大阪市北区小松原町。求人広告会社。企業の求人情報をインターネット上の求人情報サイトや求人情報誌に掲載する広告代理業務を行う。人材派遣・人材紹介も手がける。東京証券取引所第2部上場。証券コード4318。

出典 講談社日本の企業がわかる事典2014-2015について 情報

大辞林 第三版の解説

クイック【quick】

他の外来語の上に付いて、すばやい、はやい、の意を表す。
クイックステップに同じ。

クイック【KWIC】

〖keyword in context〗
コンピューターで、文脈つき索引。情報検索(IR)の一方式。キー-ワードを取り出すのに、前後の文脈を合わせて表示する索引。KWIC インデックスとも。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

今日のキーワード

KPI

KPIとはkey performance indicator の略で、企業目標の達成度を評価するための主要業績評価指標のことをいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

クイックの関連情報