シテ[島](読み)シテ

  • Île de la Cité

百科事典マイペディアの解説

フランス,パリ中心部,セーヌ川中の小島。パリ発祥の地で,ローマ時代すでにケルト系のパリシイ族が定住。9世紀ごろまでのパリの範囲はこの島のみであった。市庁,警視庁,裁判所(パレ・ド・ジュスティス),オテル・デュー(現在は市立病院),ノートル・ダム大聖堂などがある。
→関連項目セーヌ[川]パリのセーヌ河岸

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

パリ市内を流れるセーヌ川中の島。パリ市のほぼ中心に位置し,パリ発祥の地である。この島に初めて集落を形成したのは,ケルト系のパリシイ族で,前1世紀ころと推定されている。しかし前53‐前52年にローマ人が侵入した際,彼らはシテ島を放棄し,ローマ人がこの島にをもうけた。メロビング朝期から王がこの島に居所をもつようになったが,カペー朝のときに王宮が建てられ,以後16世紀まで諸王の公式の王宮の所在地となった。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシテ[島]の言及

【パリ】より

…また,1994年開通のユーロトンネルにより,パリ~ロンドンは約3時間で結ばれることになった。【田辺 裕】
〔歴史〕

【古代】
 パリ盆地には,ローマ人のガリア征服により約2000年も前から定住者がいたと推定されるが,最初にセーヌ川の現在のシテ島に住みついたのは,ケルト系のパリシイ族Parisiiであった。彼らは,カエサルのガリア征服の半世紀ほど前には,工芸品ともいえるみごとな金貨を鋳造し,セーヌ川によって交易していたとされる。…

※「シテ[島]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

オーバーシュート

感染症の爆発的な感染拡大を指す。語源は、「(目標を)通り越す」「(飛行機などが停止位置を)行き過ぎる」という意味の英語の動詞「overshoot」。2019年12月に発生した新型コロナウイルスに関して...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android