コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュトラウス(父) シュトラウス[ちち]Strauss, Johann

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュトラウス(父)
シュトラウス[ちち]
Strauss, Johann

[生]1804.3.14. ウィーン
[没]1849.9.25. ウィーン
オーストリアの作曲家,指揮者バイオリニスト。「ワルツの父」と呼ばれ,ウィンナ・ワルツを洗練されたものとし,全ヨーロッパに広めた。 1830年頃からウィーンの町の人気者になり,1835年に王室舞踏会の指揮者に任じられた。作品は 150のワルツ,『ラデツキー行進曲』など。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトラウス(父)
しゅとらうす
Johann Strau (Vater)
(1804―1849)

オーストリアの作曲家、指揮者、バイオリン奏者。ウィンナ・ワルツを確立したため「ワルツの父」とよばれる。ウィーンの旅館の息子として生まれる。ポリシャンスキーのもとでバイオリンを学んでパーマーの楽団に入り、そこでヨーゼフ・ランナー(バイオリン奏者、作曲家)と知り合う。そしてランナーの楽団を経て、1825年に自分の楽団を設立し、ウィーンで人気を高めた。33年に行ったヨーロッパ演奏旅行は彼の名声を不動のものとしたが、その際カドリーユ舞曲をパリからウィーンに導入し、さらに喝采(かっさい)を受けた。ウィーンの宮廷舞踏会音楽監督の称号を得、同地の大衆音楽を支配したが、49年9月25日、しょうこう熱が原因で世を去った。『ラデツキー行進曲』をはじめ、多数のワルツ、マーチなどを残している。長男が「ワルツ王」ヨハン、二男がヨーゼフ、三男がエドゥアルト(1835―1916)で、いずれも舞踏曲に多くの作品を残している。[樋口隆一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シュトラウス(父)の関連キーワードシュトラウスハスリンガー樋口隆一

今日のキーワード

俳句甲子園

1998年から松山市で開かれる全国高等学校俳句選手権大会。高校生が5人1組で句の優劣をディベートで競い合う。チームでの勝敗とは別に、個人の最優秀句も選ぶ。今年は過去最多の41都道府県から121校、15...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android