シュトラウス(読み)しゅとらうす(英語表記)Oscar Straus

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュトラウス(Oscar Straus)
しゅとらうす
Oscar Straus
(1870―1954)

オーストリアの作曲家。生地ウィーンで学んだのち、ベルリンでM・ブルッフに師事。ベルリンで劇場指揮者として活躍するかたわら文学寄席(よせ)の音楽を書き始め、ヒット曲『音楽がやって来る』で人気を得た。レハールのライバルとして「オペレッタのシュニッツラー」といわれ、ウィーンの世紀末を典雅なメロディーで活写。代表作に『ワルツの夢』(1907)、『チョコレートの兵隊』(原作はG・B・ショーの『人と超人』。1908)、『愛のロンド』(1914、以上ウィーン初演)がある。第二次世界大戦中はアメリカに移住、ハリウッドで映画音楽も手がけたが、1948年ヨーロッパに戻り、バード・イシェルで没した。[寺崎裕則]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

事実婚

内縁と同様,法律上の婚姻成立要件を欠くカップルの関係。内縁との違いは,当該男女が,現行の婚姻制度に対しなんらかの疑問をもち,積極的・自発的に法律婚を選択しないという点にある。たとえば,今日の法律婚は女...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シュトラウスの関連情報