コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ドロン

2件 の用語解説(ドロンの意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

ドロン

フランスの俳優。パリ郊外生れ。インドシナ戦線従軍後,放浪生活をへて,《女がからむ時》(1957年)でデビュー。R.クレマン監督の《太陽がいっぱい》(1960年)とL.ビスコンティ監督の《若者のすべて》(1960年)に主演してスターの地位を確立。
→関連項目シュナイダーブロンソンベルモンド

ドロン

中国,内モンゴル自治区シリンゴール(錫林郭勒)盟南部の県。漢字では多倫。ドロン・ノールDolonnor(多倫諾爾)ともいう。上都河をはさんで,左岸に漢族,右岸にモンゴル族が住む。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典内のドロンの言及

【ドロン・ノール】より

…北京の北方約250kmに位置する。ドロン(多倫)ともいう。清代,宮廷の勅願寺である善因寺,彙宗寺の二つのラマ廟を中心に門前町として発展,廟の法会の期間には漢族商人たちも集まり,モンゴル族との交易要地となった。…

※「ドロン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ドロンの関連情報