ハート(読み)はーと(英語表記)William S. Hart

  • 1870―1946

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

アメリカの映画俳優、監督。ニューヨーク郊外の生まれ。出演作の多くは自らが監督も兼ねている。舞台俳優から44歳で映画にデビューするが、まもなく孤独感ただよう演技で西部劇スターの先駆的存在となる。また、インディアンを使い、セットや衣装を入念に再現することを主張、西部劇にリアリズムを導入した。俳優としての代表作に『鬼火ロウドン』(1918)、『曠原(こうげん)の志士』(1925)などがある。[奥村 賢]

資料 監督作品一覧

鉄路の狼 Wolves of the Rail(1918)
鬼火ロウドン 'Blue Blazes' Rawden(1918)
我利我利イェーツ Selfish Yates(1918)
リッドル・ゴウン Riddle Gawne(1918)
沖天(ちゅうてん)の意気 The Border Wireless(1918)
都の汚辱 Branding Broadway(1918)
人道の為に Breed of Men(1919)
唱女(うたいめ)の夫 The Poppy Girl's Husband(1919)
大金を護りて[ランバート・ヒルヤーとの共同監督] The Money Corral(1919)

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

オーナー商法

物品や権利を消費者に販売すると同時にその物品・権利を事業者が預かり、生産・運用・レンタル・管理・保管などの利殖の高さをうたって資金を集める商法。見かけ上は購入者が物品・権利のオーナーとなるため、こうよ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ハートの関連情報