南北朝時代(読み)なんぼくちょうじだい

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

南北朝時代(日本)
なんぼくちょうじだい

日本歴史上、1336年から1392年まで半世紀余りをさす時代概念。ときとしては1333年から1335年の建武(けんむ)政権期をこれに含ませる。[永原慶二]

時代区分

1335年(建武2)、北条高時(ほうじょうたかとき)の子時行(ときゆき)が挙兵して鎌倉を奪うと、足利尊氏(あしかがたかうじ)はその討伐のため東下し、鎌倉を奪還後、建武政権に反旗を翻し、新田義貞(にったよしさだ)の軍を破って入京。いったん敗れて西走したが、翌年再度入京、持明院統(じみょういんとう)の光明天皇(こうみょうてんのう)を擁立した。後醍醐天皇(ごだいごてんのう)は吉野に逃れ、そこに一部の公家(くげ)を集めて朝廷開設の姿勢を示したため、世に光明天皇の京都の朝廷を北朝、後醍醐天皇の吉野の朝廷を南朝とよび、このときから両朝併立の南北朝時代が始まった。これ以後、公家・武家(ぶけ)さらには寺社に至るまで、しばしば分裂して両朝いずれかの側につく形をとって抗争、日本歴史上でも前例のない動乱の半世紀余りが続いたが、1392年(元中9・明徳3)、足利義満(よしみつ)が、武家勢力の統合を背景として、両朝合体という名の、事実上の南朝解消に成功し、南北朝時代は終わった。
 この間、足利尊氏は、1336年(延元1・建武3)光明天皇を擁立するとすぐ、「建武式目」を定めて武家政権を京都に開設し、1338年(延元3・暦応1)征夷大将軍(せいいたいしょうぐん)となった。そのため南北朝時代は、別には足利時代あるいは後の幕府所在地の名をとっていう室町時代とも重なるが、広義における室町時代のうち、1392年までは南北朝時代とよぶことが広く行われている。それは、室町時代でも、応仁(おうにん)の乱(1467~1477)以降をしばしばとくに戦国時代とよんで、その時期の特徴を表すのと共通の方式である。[永原慶二]

政治・軍事過程

半世紀余りにわたる南北朝時代の政治的および軍事的過程は、やや立ち入ってみると、ほぼ三つの段階に区分することができる。第一段階は両朝分裂から1348年(正平3・貞和4)までである。これは、南朝方の軍事的抵抗が続けられた時期であるが、1343年(興国4・康永2)北畠親房(きたばたけちかふさ)が東国経営の拠点とした常陸(ひたち)の関城(せきじょう)・大宝城(たいほうじょう)が落ち、ついで1348年、南朝方の軍事力の中心であった楠木正行(くすのきまさつら)が戦死し、後村上天皇(ごむらかみてんのう)が吉野から賀名生(あのう)に移り、南朝はまったく無力化した。
 第二段階は1349年(正平4・貞和5)から1367年(正平22・貞治6)までである。この時期は足利尊氏・直義(ただよし)兄弟の争いから観応(かんのう)の擾乱(じょうらん)とよばれる武家勢力の分裂が動乱の主要局面となったときから始まり、尊氏の直義打倒、尊氏の死に続く子義詮(よしあきら)の時代である。南朝方はこの間、争い合う尊氏と直義にこもごも支持されたこともあって、一時はその兵を京都にまで進出させることもあったが、大勢はもはや挽回(ばんかい)できなかった。
 第三段階は1368年(正平23・応安1)の足利義満(よしみつ)の将軍就職から1392年の両朝合一までである。初め義満は幼少で、重臣細川頼之(ほそかわよりゆき)の支持を頼ったが、頼之は足利一門の斯波義将(しばよしまさ)らと争い、1379年(天授5・康暦1)失脚、幕府内部の分裂がふたたび深刻となった。これを切り抜けた義満は、外様(とざま)の有力守護土岐(とき)・山名(やまな)などを討つことによって武家の統合に成功、これを踏まえて両朝統一を実現した。[永原慶二]

権力構造の変化

このような政治・軍事的推移に伴って、政治権力と支配体制も大きく変化した。鎌倉時代にはなお相当の政治的実力を保持していた公家政権は、この時代を通じて急速に無力化した。北朝は一見すると足利将軍の傀儡(かいらい)のようにも思われるが、なお一定の独自性を主張し、かつその権力基盤たる荘園(しょうえん)・公領の確保に努力したが、京都を幕府に制圧されるとともに、諸国の支配拠点であった国衙(こくが)の権能・機構も守護に吸収されたため、もはや独自に国家支配の体制を保つことはできなくなった。
 これにかわって地方では、守護が職権を拡大して、従来の重罪人の検断や軍事指揮権のみならず、民事的な諸紛争に対する裁判権や半済(はんぜい)実施権などをもち、国人(こくじん)とよばれる在地領主層を被官化して守護大名としての性質を強めていった。また幕府はそれらの守護を介して全国の武士の統合を進めるとともに、従来朝廷の保持していた公家・寺社などの間での紛争に対する裁判権や検非違使庁(けびいしちょう)が保持していた京都市中の警察権、さらには伊勢(いせ)神宮造替経費、即位譲位のときの臨時段銭(たんせん)など、租税的性質の強い全国賦課権を掌握した。その結果、鎌倉時代にみられた公武二重権力状態は一変し、封建的主従制の拡大深化を踏まえた武家単独政権が成立していった。なお、この時代に、支配権力の分裂が深刻になると、各地の国人とよばれた地方領主層は、相互に対立する反面、国人一揆(こくじんいっき)とよぶ同族的ないしは地域的な連合を形成し、荘園領主や室町幕府・守護権力に対して自立する動きを強めた。また農村でも農民たちが惣村(そうそん)結合を形成し、上部権力を排除する傾向が強まった。これら群小領主層と農民はときとしては互いに結び合い、反権力の行動をとったため、上級領主側からはそれを「悪党」とよぶことも少なくなかった。[永原慶二]

社会経済的変動

社会経済の面では、公家・寺社など旧勢力の権力基盤であった荘園公領制の解体が進行し始めた。公家政権の実力と権威が厳存していた時代では、公家・寺社は全国に分散する多数の所領から、いながらにして年貢雑公事(ぞうくじ)を手にすることができた。とくに皇室や摂関家は、一般の公家・寺社からの二重寄進で荘務権を伴わない本家職(ほんけしき)を多数保持していたが、天皇・摂関の権威の失墜とともに、本家職年貢の収取は急減した。また荘務権をもつ本所(ほんじょ)でも、現地で国人領主の領主的成長が進み、それと絡みつつ農民の年貢雑公事減免運動が強められたため、直接的な形での支配の維持は困難となり、守護や国人の請負ということで無力化する方向が進んだ。とくに観応の擾乱をきっかけに始められた半済はしだいに地域的に拡大されるとともに、長期化し、事実上、所領半分が武家領に転化された。また国々の公領は、守護が国衙の権能・機構を接収することにもなって、ほとんど守護領に転化された。幕府は荘園・公領を単位とする支配の体制を原理的に否定しようとしたわけではなく、守護もまた荘園・公領を前提とし、そこにおける現地支配権を掌握するにとどまっていたが、本所側は京都で一定の年貢を受け取るだけの存在に追い込められていった。
 この時代の社会経済面における変化としてもう一つ見逃せないのは、農業生産力の発展を背景とした村落構造の変化である。この時代、とくに畿内(きない)を中心とした先進地域では、施肥量の増加、品種の多様化、灌漑(かんがい)・排水条件の改善などによって水稲の収量が高まり、同時に水田の裏作麦の栽培も拡大した。そうしたことを条件に小規模農民経営の安定度が高まり、有力農民は加地子(かじし)の収取関係を拡大して地主的性質を強め、農村は「小百姓」身分の小規模農民をも含む惣(そう)型の村落共同体結合を発達させた。惣型村落共同体は動乱の波及に対して自衛するため、武装したばかりでなく、ときとしては村の周囲に濠(ほり)を巡らす環濠集落(かんごうしゅうらく)を形成した。さらにこのような農業生産力の発展を基礎として、苧麻(ちょま)・綿(絹綿)・荏胡麻(えごま)などの原料作物や、簾(すだれ)・蓆(むしろ)・油(あぶら)・索麺(そうめん)などの農産加工品の生産・流通も拡大し、この時代は社会分業と貨幣流通が前代に比べ顕著に発展した。大観すれば、日本経済史上、交換手段として貨幣が一般化しだしたのはこの時代からといって差し支えない。[永原慶二]

思想・文化・世相の動向

公武交替、武家単独政権の形成を指向していた室町幕府は、朝廷・公家勢力が南都北嶺(なんとほくれい)の旧寺院と結んでいたことに対抗して、禅宗寺院の育成を図った。鎌倉時代に成立した鎌倉五山の制を京都中心に改めたのは建武政権であったが、室町幕府は鎌倉・京都の十寺五山の制を整えるとともに相国寺(しょうこくじ)を創建し、夢窓疎石(むそうそせき)・春屋妙葩(しゅんおくみょうは)・絶海中津(ぜっかいちゅうしん)らの禅僧を重用した。その結果、禅林は当時における学問・文化の中心となり五山の詩文学が栄え、さらに中国事情に詳しかったことから、幕府の政治・外交顧問の役割を演ずるようにもなった。
 一方、この時代の世相や人々のものの考え方などに現れた特徴という点では、反権威的、現実主義的な傾向が目だっている。足利尊氏の執事高師直(こうのもろなお)は、皇室・公家・寺社などの所領を部下たちに思いのまま侵奪させて平然としていたし、近江(おうみ)の守護佐々木導誉(ささきどうよ)はちょっとした争いから皇族の屋敷を焼き払い、美濃(みの)の守護土岐頼遠(ときよりとお)は院の行列に行き会っても下馬の礼をとらず、とがめられると逆に暴言を吐くありさまであったという。そのような反権威・下剋上(げこくじょう)の気風は一部の守護大名たちのなかだけのことでなく、社会の諸階層に浸透し、農民もしばしば武器をとり、戦乱に加わり、あるいは年貢・夫役の納入を拒否するなど、さまざまの実力行動をとった。
 さらに、反権威の気風は人々の寄合(よりあい)という形での団結の場を至るところで生み出した。惣村は自治的な形での村共同体の運営に寄合を不可欠とし、その団結は一揆(いっき)・一味神水(いちみしんすい)という形で誓約された。そればかりでなく、連歌(れんが)や闘茶などの集団娯楽の場も一種の寄合として、解放と協同の気風を高めた点でこの時代の世相をよく表しており、そのような社会的解放感は、風俗の面では婆娑羅(ばさら)とよばれる自由大胆な服装、髪型、ふるまいなどを流行させた。
 この時代の文学作品としては吉田兼好(よしだけんこう)の『徒然草(つれづれぐさ)』と『太平記』があげられるが、世俗を逃れた遁世者(とんせいしゃ)兼好の文には、意外なほど金(かね)の世の中への執着、拝金思想ともいうべき思いが示されている。また『太平記』の筆者は「宮方深重(みやがたしんちょう)の者」といわれ、南朝方に近い立場から筆を進めながら、しだいに各地で進む反権威的な武士の行動や勢力交替に関心を強めていっており、そうしたところにも時代相がよく現れている。[永原慶二]

南北朝正閏論

日本歴史上、2人の天皇、二つの朝廷という他に例のない特異な時代の意味・評価については、古来多くの論議があった。しかし近代になると「両朝併記説」がとられ、国定教科書『小学日本史』も、併立説で書かれていた。ところが1911年(明治44)衆議院議員藤沢元造が、大逆事件と関連させて、これを論難、そのため教科書執筆者の喜田貞吉(きたさだきち)は文部省編纂官(へんさんかん)を休職とされ、以後、教科書は「南北朝時代」にかえて「吉野朝時代」の語を用いることとなった。また桂太郎(かつらたろう)内閣は天皇に奏上して、従来宮内省のとっていた北朝正統を改め、南朝正統とし、同時に北朝歴代の祭祀(さいし)は従来どおりと改定した。この事件は、南北朝時代の客観的事実が名分論の立場から政治的に歪曲(わいきょく)されたこと、また教科書記述が政治によって支配されたことを意味し、学問・教育の受難史として忘れがたい事件であった。
 こうして第二次大戦前には南北朝時代史の客観的認識が著しく脅かされたため、戦後は、そのような歪曲を徹底的に排除し、この時代を政治・社会・経済・文化などの諸側面にわたる広範な歴史的変動の画期として、その変化の内容を追究する視点が重視されるようになった。[永原慶二]
『田中義成著『南北朝時代史』(1922・明治書院) ▽佐藤進一著『日本の歴史9 南北朝の動乱』(1965・中央公論社) ▽松本新八郎著『中世社会の研究』(1956・東京大学出版会) ▽佐藤和彦著『南北朝内乱史論』(1979・東京大学出版会)』

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

ブラックフライデー

米国などで、感謝祭(11月第4木曜日)の翌日の金曜日のこと。休日とする職場が多く、商店にとってはクリスマス商戦の初日に当たる。「ブラック」は、買い物客による混雑、または黒字を連想させることから。→サイ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

南北朝時代の関連情報