宇治[市](読み)うじ

百科事典マイペディアの解説

宇治[市]【うじ】

京都府南部,京都市の南に接する市。1951年市制宇治川が流れ,宇治橋で結ばれる両岸は奈良時代から北陸道(のちの奈良街道)の渡津集落として発達。室町時代に始まり,江戸幕府の保護下で発展した宇治茶栽培の中心地,茶園の面積は宅地化が進み,年々減少しているが,現在も高級茶に特色がある。化繊・車両・機械工業も行われる。平等院(世界遺産),宇治上(うじかみ)神社(世界遺産),宇治神社,県(あがた)神社,三室戸(みむろど)寺,橋寺放生(はしでらほうじょう)院,興聖(こうしょう)寺,万福寺,宇治陵などがある。奈良線,京阪宇治線,近鉄京都線,京都市営地下鉄東西線が通じ,宅地開発も進み,京都,大阪の衛星都市的性格が強い。67.54km2。18万9609人(2010)。→宇治木幡栗隈
→関連項目藤原忠実

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

うじ【宇治[市]】

京都府南部の市。1951年宇治町ほか1町3村が合体して市制。人口18万4830(1995)。市域は京都盆地東部の沖積低地洪積台地とその東方の古生層山地から成り,巨椋池(おぐらいけ)干拓地の一部を含む。中心市街の宇治は宇治川が京都盆地へ流れ出る谷口に位置する。景勝地で京都に近いため平安京貴族の別荘地となった。鎌倉末期に始まる宇治茶は,中近世を通じ貴族や武士の保護を受けて発展。幕末維新期に一時衰退したが,その後茶貿易への積極的参加,生産過程の近代化などによって活路を見いだした。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の宇治[市]の言及

【納涼】より

…また氷室(ひむろ)に貯蔵しておいた氷を,立夏の日に氷室開きをして,盛夏に用いることも一つの納涼であったろうが,これは限られた上流階級のことである。王朝時代の避暑地では宇治が有名であり,緑陰と川とに恵まれていたからであろう。宇治大納言源隆国が,この地の南泉坊に避暑して,道行く人から諸国話を聞いて《宇治拾遺物語》を作ったという話は,伝説であるがおもしろい。…

※「宇治[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

日米安全保障条約

1951年9月8日に対日講和条約と同時に署名された「日本国とアメリカ合衆国との間の安全保障条約」Security Treaty between Japan and the United States ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android