梅雨(2007年)(読み)つゆ/2007ねんのつゆ/にせんななねんのつゆ(英語表記)bai-u(rainy season) in 2007

知恵蔵の解説

2007年の梅雨入りは、九州南部で平年並みの他は、かなり遅いところが多く、特に関東甲信及び東北北部では8日遅い梅雨入りであった。梅雨明けは、南西諸島と九州南部では平年並みであったが、その他の地方は、遅い梅雨明けとなり、関東甲信、北陸、東北ではかなり遅く、東北北部では10日遅かった。6月中旬にかけて梅雨前線本州の南海上に離れて停滞することが多く、四国や九州北部の降水量がかなり少なかった一方で、沖縄では降水量が平年より多くなった。7月は梅雨前線が本州付近に停滞し活動が活発になったことや台風第4号の影響により、東日本から西日本の太平洋側で降水量がかなり多くなった。 梅雨時期の降水量は、東日本から西日本の太平洋側や東北南部で多く、九州南部ではかなり多かった。奄美、九州北部、東北北部では少なかった。

(饒村曜 和歌山気象台長 / 2008年)

出典 (株)朝日新聞出版発行「知恵蔵」知恵蔵について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android