目を引く(読み)メヲヒク

  • を 引(ひ)く
  • 目(め)を引(ひ)・く

精選版 日本国語大辞典の解説

① 人の注意を向けさせる。他人の目にとまるようにする。
※破戒(1906)〈島崎藤村〉一二「殊に華麗な新婚の風俗は多くの人の目を引いた」
② 目で合図をする。目くばせする。
※保元(1220頃か)下「左右の見る人、口を掩ひ目をひき笑ふ」
③ 模様をそのままにして、地色を染め直す。
※浮世草子・万の文反古(1696)一「浅黄こもんの羽織を何茶に成とも目を引袖下はともつぎにして着せ申さるべく候」
④ 目方を量る。貫目を引く。
※雑俳・桜の実(1767)三「寂莫として銀の匁(め)をひき給ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

目を引くの関連情報