一日の長(読み)いちじつのちょう

ことわざを知る辞典「一日の長」の解説

一日の長

他人より少し年上であること。転じて、経験や知識、技能などが他の人より少しすぐれていること。

[使用例] 貴方あなたでさえ、まだしも僕よりは、一にちがあるわけか[里見弴*大道無門|1926]

[解説] 「論語―先進」の「が一日もなんじより長じたるを以て、吾れを以てすることなかれ」(私が君たちより少し年上だからといって遠慮することはない)という孔子のことばによるもの。

出典 ことわざを知る辞典ことわざを知る辞典について 情報

精選版 日本国語大辞典「一日の長」の解説

いちにち【一日】 の 長(ちょう)

(「論語‐先進」の「以吾一日長乎爾、毋吾以也」から出た語) 他人より少し年上であること。転じて、経験や知識、技能などが他の人より少しすぐれていること。いちじつのちょう。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「一日(イチニチ)の長あるが為めに〈略〉英語の教師と立てられ」

いちじつ【一日】 の 長(ちょう)

(1911‐13)〈森鴎外〉一九「僕の智識には岡田に比べて一日(イチジツ)の長があった」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「一日の長」の解説

一日いちじつちょう

《「論語」先進から》
年齢が少し上であること。
知識・経験・技能などが少しすぐれていること。「芸においては彼に一日の長を認める」
[類語]卓抜卓出卓越卓絶逸出上出来上上物の見事結構尽くめ何より・申し分が無い・言う事無し天晴れナイスワンダフル・目の覚めるよう・目に染みる冴える水際立つ抜群群を抜く抜きん出る飛び抜けるずば抜ける頭抜ける並外れる人並み外れる度外れ断トツ非凡出色傑出素人離れ玄人跣くろうとはだし超人的

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

巡視船

海上保安庁に所属し海上の警備と救難業務を行なう船。外洋で行動する大型で航洋性があるものを巡視船といい,港内や湾内などのかぎられた水域で行動する 100総t程度以下の小型のものを巡視艇と呼ぶ。武器として...

巡視船の用語解説を読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android