一日の長(読み)イチジツノチョウ

デジタル大辞泉の解説

一日(いちじつ)の長(ちょう)

《「論語」先進から》
年齢が少し上であること。
知識・経験・技能などが少しすぐれていること。「芸においては彼に一日の長を認める」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

いちじつのちょう【一日の長】

〔論語 先進
経験・技能・知識などに若干すぐれていること。 「手ぎわのよさでは彼に-がある」 〔「いちにちのちょう」と読むのは誤り〕

いちにちのちょう【一日の長】

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

いちじつ【一日】 の 長(ちょう)

※雁(1911‐13)〈森鴎外〉一九「僕の智識には岡田に比べて一日(イチジツ)の長があった」

いちにち【一日】 の 長(ちょう)

(「論語‐先進」の「以吾一日長乎爾、毋吾以也」から出た語) 他人より少し年上であること。転じて、経験や知識、技能などが他の人より少しすぐれていること。いちじつのちょう。
※思出の記(1900‐01)〈徳富蘆花〉四「一日(イチニチ)の長あるが為めに〈略〉英語の教師と立てられ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

キャッシュレス決済

キャッシュレス決済とは、財やサービスの対価の支払い手段として、物理的なキャッシュ(現金)である紙幣や硬貨ではなく、クレジットカードや電子マネーなどによる電子的な決済手段を用いることをいう。このキャッシ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

一日の長の関連情報