引(き)立つ(読み)ヒキタツ

デジタル大辞泉の解説

ひき‐た・つ【引(き)立つ】

[動タ五(四)]
勢いがよくなる。活気が出る。「気持ちが―・たない」「商況が―・つ」
ひときわよく見える。一段とよく感じられる。「黒を着ると肌の白さが―・つ」「少量の塩で味が―・つ」
しりぞく。浮き足立つ。
「正尊かなはじと―・ちけるを」〈謡・正尊
[動タ下二]ひきたてる」の文語形

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android