ぼやっと(読み)ボヤット

デジタル大辞泉「ぼやっと」の解説

ぼやっ‐と

[副](スル)
物の形や色などがぼやけて見えるさま。ぼんやり。「相手の顔がぼやっとしてはっきり見えない」
記憶などの中味が不確かなさま。ぼんやり。「あの日のことはぼやっとしか思い出せない」
注意が散漫で、のぬけたように見えるさま。ぼんやり。「ぼやっとつっ立ったまま動かない」
[類語](1ぼんやりぼうっとぼうぼけっとぽっとぼさぼさきょとんぽかんぽかりもやもやおぼろおぼろげ不鮮明ほのかかすかほんのりうっすら薄薄淡いよう杳杳ようようようとして暗い薄暗いほの暗い小暗い暗い小暗がり手暗がり真っ暗暗然冥冥漠然霞む/(2不明瞭朦朧もうろう模糊もこ茫漠ぼうばく茫茫ぼうぼうばく漠然ばくぜん不明瞭灰色不詳未詳未知未確認迷宮入りほのかなんとなくなんだかそこはかとないほんのりなんとはなしどことなくそれとなしに心なしなにかしら思いなしかぼけっとぼやける雲をつかむ不確かもやもや曖昧曖昧模糊ファジー茫乎ぼうこぼうっと漠漠

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典「ぼやっと」の解説

ぼやっ‐と

① 物の形や色、また、記憶などがぼやけるさまを表わす語。ぼんやり。
※春の晩(1915)〈田村俊子〉一「が雨に打たれながら、明るくぼやっとしてゐた」
② 注意が散漫で、間のぬけたように見えるさまを表わす語。ぼけっと。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android