コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ガイダンス ガイダンス guidance

翻訳|guidance

5件 の用語解説(ガイダンスの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ガイダンス
ガイダンス
guidance

個人が自分自身についての理解を深め,その能力や興味を十分に活用していろいろな事態にうまく適応し,自主的に問題解決を行なって,望ましい形で参加ができるように,その個人に種々の援助を与えること。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

ガイダンス(guidance)

不慣れで事情のわからない者に対して、初歩的な説明をすること。案内。手引き。また、そのための催し。「新入生へのガイダンス
児童・生徒・学生が、自分の適性を知り、進路を決定できるように指導すること。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

ガイダンス

子どもの資質を十分に発揮させ,環境への適応性を高めるための教育活動。生活指導職業指導の領域を含む。複雑化した社会に適応するため20世紀初めに米国で成立し,1930年代以降発展した概念。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

大辞林 第三版の解説

ガイダンス【guidance】

指導。特に、ある事柄について初心者に与える入門的指導。
生活・学習のあらゆる面にわたり、生徒が自己の能力や個性を最大限に発揮しうるように与える援助。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ガイダンス
がいだんす
guidance

学校教育のなかで展開される学業指導(オリエンテーションを含む)、進路指導、余暇指導、個人的適応指導、それに保健指導(安全と性の指導を含む)などの教育活動をいう。[坂本昇一]

アメリカにおける初期のガイダンス

アメリカ合衆国において20世紀初めに展開されたガイダンス運動、精神衛生運動、教育測定運動などが、現代のガイダンスの柱石といえる。このような社会運動に共通するものは、人間の主体性と個別性の尊重である。これが、学校教育の画一化、非人間化の傾向への対抗として、学校教育のなかに導入されていった。アメリカの初期のガイダンスの主要な理念のタイプをあげると次のようになる。社会改革的理念、キリスト教的理念、社会進化論、そして、科学主義的理念である。[坂本昇一]

日本におけるガイダンス

日本におけるガイダンスは、第二次世界大戦後、アメリカ教育使節団の報告書のなかで強調され、学校教育のなかに意図的、計画的に導入された。アメリカの民間情報教育局(CIE)の指導のもとでガイダンスの研究が始められ、1948年(昭和23)に『指導』が公刊され、教員の再教育のための講習会でもガイダンスの講義がなされた。これが、日本的なガイダンスの流れとなって「生徒指導」として確立していく。それゆえ、生徒指導の理念や方法は、ガイダンスの影響を大きく受けているといえよう。[坂本昇一]

目的と機能

ガイダンスとは、個人的幸福および社会的有用性を目ざして、個人が自らの努力によって、可能性を発見し発達させることができるように助力する過程であると定義される。すなわち、ガイダンスは、個人の社会的適応だけでなく、社会のよりよい改革をも目ざすものである。そして、ガイダンスの機能として、適応機能、分配機能、順応機能の三つが考えられている。適応機能は、児童生徒が学校の学習内容や校則などに適応するような働きかけであり、分配機能は、学校の選択コース、選択教科、そして進路などに児童生徒が適切に分配される働きである。さらに、順応機能は、学校の教育内容や校則などを児童生徒や保護者、地域社会の人々の要求や実態に合致させる働きである。これらガイダンスの三つの機能を学校教育のすべての領域・内容のなかに作用させるということが課題になっている。[坂本昇一]
『坂本昇一著『ガイダンスの哲学的前提に関する研究』(1977・風間書房) ▽坂本昇一著『「やる気」の生徒指導』(1985・小学館創造選書) ▽坂本昇一著『生徒指導の機能と方法』(1990・文教書院) ▽坂本昇一著『生き方の生徒指導』(1991・学習研究社) ▽小谷英文編著『ガイダンスとカウンセリング――指導から自己実現への共同作業へ』(1993・北樹出版) ▽坂本昇一著『「子どもの心」を癒し育てる』(1998・小学館) ▽坂本昇一著『生徒指導が機能する教科・体験・総合的学習』(1999・文教書院) ▽高橋哲夫他編『生徒指導の研究――生徒指導・教育相談・進路指導、学級・ホームルーム経営』新訂2版(2000・教育出版)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典内のガイダンスの言及

【教育相談】より

…教育相談としては,このようなもののほかに,とりたてて問題をもたない子どもも含めて,身体,知能,学力,パーソナリティなどの検査を実施し,そのデータを参考にしながら面接するなどして科学的な教育指導を行おうとすることも教育相談に含む。これはいわゆるガイダンスともいわれるものであるが,主たるねらいは学力の向上,進学をはじめとする進路の選択の適正化などである。 日本において最初に教育相談が組織的に行われたのは,心理学者久保良英による児童教養研究所(1917年東京に設立)でのものであるとされる。…

【生活指導】より

…これらの実践とは別に,昭和初期に文部省によって提唱された校外生活指導は,不良化防止のための取締り,団体訓練,奉仕活動のための少年団の組織化をめざすものであった。 第2次大戦直後,アメリカから個人の社会的適応を強調する適応主義的,心理主義的なガイダンス(生活指導,生徒指導などと訳された)が導入されたために,戦前の生活指導実践の継承はすぐにはなされなかったが,1950年代の生活綴方の復興とともに,いわゆる仲間づくりの生活指導が,また60年代の自治活動の再建のなかで,いわゆる集団づくりの生活指導がひろがっていった。前者は,教師と子ども,子どもと子どものあいだに情緒的許容の人間関係をつくりだし,そのなかで生活をつづることをつうじて子どもの真実を発見させ,それによって生きかたをともどもに考えあう,仲間意識に結ばれた学習集団をつくりあげていくという指導過程を明らかにした。…

※「ガイダンス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

ガイダンスの関連キーワード一指指画首班ずばっと拇指ヘナカルテット3/指揮官指物町指(差)袴

今日のキーワード

日本政策投資銀行

1999年に日本開発銀行と北海道東北開発公庫を統合し、発足した政府系総合政策金融機関。一般の金融機関が行なう金融などを補完・奨励し、長期資金の供給などを行ない、日本の経済社会政策に金融上で寄与していく...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ガイダンスの関連情報