三国時代(朝鮮)(読み)さんごくじだい

百科事典マイペディアの解説

三国時代(朝鮮)【さんごくじだい】

(1)4世紀から7世紀にわたり,北の高句麗(こうくり),南の新羅(しらぎ),百済(くだら)の三国が鼎立・抗争した時代。百済と高句麗は唐に滅ぼされ,新羅は676年朝鮮半島を統一した。(2)9世紀の新羅末期に,甄萱(しんけん)による後百済と,弓裔(きゅうえい)による後高句麗が建国,後三国時代という。936年高麗(こうらい)が朝鮮半島を統一した。
→関連項目加羅光州

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報