コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

思う様 オモウサマ

デジタル大辞泉の解説

おもう‐さま〔おもふ‐〕【思う様】

[副]満足のゆくまで。思う存分。「思う様酒を飲む」
[名]心に思っていること。考え。
「あやしう思ひやりなきやうなれど、―ことなる事にてなむ」〈澪標
[形動ナリ]
申し分のないさま。
「ふたばの人をも、―にかしづきおほしたて」〈更級
自由で気ままなさま。
「父親王(ちちみこ)も―に聞こえかはし給ふ」〈賢木

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

おもうさま【思う様】

( 副 )
思うとおりであるさま。思いきり。思う存分。 「 -かけまわる」
( 名 ・形動ナリ )
心に思っていること。考え。 「 -ことなる事にてなむ/源氏 澪標
望んでいたとおりであること。理想的なさま。 「頭の中将の御小舎人わらは-とて/堤中納言 ほどほどの
思うとおりに振る舞うさま。 「これは入道相国よろづ-なるが致すところなり/平家 4

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

思う様の関連キーワード思ふ様

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android