我先(読み)われさき

精選版 日本国語大辞典「我先」の解説

われ‐さき【我先】

〘名〙 (形動) (単独で、また、「と」を伴って副詞的にも用いる) 他人よりも自分が先になろうとすること。また、そのさま。先を争うさま。われいち。われがち。
平家(13C前)四「われさきにとすすむほどに」
※門三味線(1895)〈斎藤緑雨〉一五「われ先(サ)きと驚きおそれて逃惑ふ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

デジタル大辞泉「我先」の解説

われ‐さき【我先】

[名・形動]自分が先になろうと争うこと。また、そのさま。「我先に逃げる」
「—と驚きおそれて逃惑うに連れはなし」〈緑雨・門三味線〉
[類語]我勝ち奮って積極的自発的能動的意識的主体的意図的意欲的精力的自主的活動的好んで進取前向きわざわざわざと強いてたってことさら乗り気求めて進んで我も我も喜んで喜ぶしゃかりきしゃにむにどしどしアクティブアグレッシブポジティブ

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

今日のキーワード

国民栄誉賞

内閣総理大臣表彰の一つ。1977年内閣総理大臣の福田赳夫の決裁により設けられた。「広く国民に敬愛され,社会に明るい希望を与えることに顕著な業績のあった者」に贈られる。第1回受賞者はプロ野球選手の王貞治...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android