内証・内所・内緒(読み)ないしょ

精選版 日本国語大辞典の解説

ない‐しょ【内証・内所・内緒】

〘名〙 (「ないしょう内証)」の変化した語。→「ないしょう(内証)」の補注)
① (形動) =ないしょう(内証)(二)
※随筆・独寝(1724頃)上「かたく石にて碑を立るものは、内所にて酒やねぎの入し鴨の煮物までしたたかせしめ給ふ事」
② =ないしょう(内証)(三)①②
※日葡辞書(1603‐04)「Naixouo(ナイショヲ) マカナウ〈訳〉家の内的な事柄を扱う」
※咄本・八行整版本昨日は今日の物語(1624‐34頃)「内所(ナイショ)へ行て、火のまはりよくよく見れども」
※黄表紙・莫切自根金生木(1785)上「内しょからさしづして、まきちらした金(かね)をとりあつめ」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

渋谷フクラス

東京・渋谷の道玄坂エリアに建設される、商業施設とオフィスからなる新複合施設。東急グループが進める渋谷駅周辺再開発プロジェクトの一環として、2015年に閉館した商業施設「東急プラザ渋谷」の跡地を含む一帯...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android