コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

城山[町] しろやま

百科事典マイペディアの解説

城山[町]【しろやま】

神奈川県北部,津久井郡の旧町。相模川相模原へ出る地にあり,中心集落の川尻は舟運の終点,市場町として発達。近年は観光農業が盛ん。1965年城山ダムが完成,西隣の相模原市にまたがる人造湖津久井湖は行楽地になっている。
→関連項目緑[区]

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

しろやま【城山[町]】

神奈川県北部,津久井郡の町。人口2万2732(1995)。丹沢山地東縁の丘陵地を占め,中央を相模川が貫流する。中心集落の川尻は,かつては相模川舟運の終点で,近在の物資集散地としてにぎわった。近年までは養蚕を中心とした農村であったが,1970年ころから住宅地化が進み,相模原・八王子両市や京浜方面への通勤者がふえている。農業では栗,梅の観光農園施設園芸が盛ん。津久井町との境界には相模川総合開発整備事業の一環としてつくられた城山ダム(津久井湖)があり,その北1kmにある城山湖は城山発電所(揚水式地下発電所)の上部調整池である。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報