コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村[市] おおむら

2件 の用語解説(大村[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大村[市]【おおむら】

長崎県中部の市。1942年市制。大村湾に面する大村平野多良岳西麓を占める。中心市街は天正年間以来大村氏の城下町,港町で,大村純忠のもとでキリシタン本拠地ともなった。
→関連項目大村藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

おおむら【大村[市]】

長崎県東部,大村湾東岸にある市。1942年市制。人口7万9279(1995)。鎌倉時代から大村氏が支配し,江戸時代大村藩の城下町として栄えた。藩主の居城玖島(くしま)城は文禄・慶長の役後,湾に突き出た多良岳のすそ野につくられた。明治以後は歩兵46連隊,海軍航空隊などがおかれて軍都として栄え,現在も陸上ならびに海上自衛隊が駐屯している。市域にはJR大村線,国道34号線,九州を横断する長崎自動車道が南北に貫通,一方大村湾に浮かぶ箕(み)島には75年日本最初の海上空港長崎空港が開港し,西九州の空の玄関口として重要な役割を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

大村[市]の関連キーワードアフリカ文学軍艦小事典シャピロマレー白石喜之助ヒルハウス後生相同時生相プロジェネティック相ハルツング岩

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone