コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大村[市] おおむら

2件 の用語解説(大村[市]の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

大村[市]【おおむら】

長崎県中部の市。1942年市制。大村湾に面する大村平野多良岳西麓を占める。中心市街は天正年間以来大村氏の城下町,港町で,大村純忠のもとでキリシタン本拠地ともなった。
→関連項目大村藩

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

おおむら【大村[市]】

長崎県東部,大村湾東岸にある市。1942年市制。人口7万9279(1995)。鎌倉時代から大村氏が支配し,江戸時代大村藩の城下町として栄えた。藩主の居城玖島(くしま)城は文禄・慶長の役後,湾に突き出た多良岳のすそ野につくられた。明治以後は歩兵46連隊,海軍航空隊などがおかれて軍都として栄え,現在も陸上ならびに海上自衛隊が駐屯している。市域にはJR大村線,国道34号線,九州を横断する長崎自動車道が南北に貫通,一方大村湾に浮かぶ箕(み)島には75年日本最初の海上空港長崎空港が開港し,西九州の空の玄関口として重要な役割を果たす。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大村[市]の関連キーワード西海西彼杵半島長崎県立大学いすみ大村オングル島木更津福生大村純信高島末五郎

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone