コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

大野 おおの

27件 の用語解説(大野の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

大野
おおの

北海道南西部,北斗市北部の旧町域。渡島半島南部にある。 1957年町制。 2006年上磯町と合体して北斗市となった。北西部は国有林,放牧場などの山地。南東部は函館平野の豊かな農業地域で,道南の穀倉地帯

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大野
おおの

広島県南西部,廿日市市南部の旧町域。広島湾の西岸にある。 1950年町制。 2005年廿日市市に編入。大竹市との境にある旧山陽道四十八坂は,慶応2 (1866) 年長州征伐に向かう江戸幕府軍が大敗を喫した古戦場

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大野
おおの

大分県南西部,豊後大野市北部の旧町域。大野川中流域にある。 1928年町制。 2005年朝地町,犬飼町,緒方町,三重町,清川村,千歳村と合体し,豊後大野市となる。大部分が阿蘇溶岩の丘陵性台地で,耕地に乏しい。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大野
おおの

岩手県北東端,洋野町南西部の旧村域。北上高地の北東部にある。久慈市の北に位置する。 2006年種市町と合体して洋野町となった。旧村名は中世以来の地名。なだらかな丘陵地が広がる酪農地帯。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大野
おおの

石川県中央部,金沢市の大野川河口にある地区,旧村名。港町,醤油の産地として発達してきた。掘込みの金沢港が 1970年に開かれ,北洋材,石油などを荷揚げする。日本海大和堆 (やまとたい) などへの出漁基地ともなっている。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大野
おおの

愛知県東部,新城市東部の旧町域。豊川上流左岸の河岸段丘上にある。 1892年町制施行。 1956年鳳来寺村,長篠村,七郷村と合体し鳳来町に,2005年新城市,作手村と合体して新城市となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

大野
おおの

愛知県南部,知多半島常滑市の北端にある地区。旧町名。 1954年常滑市に合体。江戸時代は港町で,寛文 12 (1672) 年には江戸廻船 63隻を数えた。港を背景に酒造業,船鍛冶,農具鍛冶などの工業も栄えたが,元禄以後は半島東岸の半田港に勢力を奪われた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉の解説

おお‐の〔おほ‐〕【大野】

広い野原。

おおの【大野】[地名]

福井県東端、九頭竜(くずりゅう)川上流域を占める市。もと土井氏の城下町。織物業が盛ん。水引細工を特産。湧水が多い。平成17年(2005)11月、和泉村を編入。人口3.5万(2010)。

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル大辞泉プラスの解説

大野

福井県大野市、勝山市で生産されるサトイモ。中型で、実は卵型。肉質は緻密で硬く、煮くずれしにくい。当地で何百年もの栽培の歴史がある在来種。「大野在来」ともいう。

出典|小学館
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界大百科事典 第2版の解説

おおの【大野】

茨城県南東部,鹿島郡の旧村。1995年鹿島町に編入されて市制,鹿嶋市となる。旧村域は東は鹿島灘,西は北浦に面し,中央に鹿島台地が広がる。台地上は平地林と畑,海岸や湖岸沿いの低地は水田となる。かつては米,麦などの生産が中心であったが,近年はハウス栽培メロントマトや露地野菜が生産されている。北浦のワカサギ漁は衰え,現在はコイの養殖が盛ん。鹿島臨海工業地域の開発に伴って1970年ころから流入人口がふえた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

大辞林 第三版の解説

おおの【大野】

広々とした野原。

おおの【大野】

福井県北東部、大野盆地にある市。旧城下町。織物業が盛ん。スキー場や観光地に富む。

おおの【大野】

姓氏の一。

たいや【大野】

大きな野原。おおの。

出典|三省堂
(C) Sanseido Co.,Ltd. 編者:松村明 編 発行者:株式会社 三省堂 ※ 書籍版『大辞林第三版』の図表・付録は収録させておりません。 ※ それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本の地名がわかる事典の解説

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

大野の関連キーワード鹿嶋鹿行鹿嶋[市]神栖[町]茨城県那珂市鹿島茨城県鹿嶋市鹿嶋〈町〉茨城県猿島郡大洋〈村〉鉾田〈町〉

今日のキーワード

信長協奏曲(コンツェルト)

石井あゆみによる漫画作品。戦国時代にタイムスリップした現代の高校生が病弱な織田信長の身代わりとして生きていく姿を描く。『ゲッサン』2009年第1号から連載開始。小学館ゲッサン少年サンデーコミックス既刊...

続きを読む

コトバンク for iPhone

大野の関連情報