従(漢字)

普及版 字通「従(漢字)」の解説


常用漢字 10画

(旧字)從
人名用漢字 11画

[字音] ジュウ・ショウ
[字訓] したがう

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 形声
旧字は從に作り、从(じゆう)声。从は二人前後する形で、從の初文。〔説文〕八上に「从は相ひ聽くなり。二人に從ふ」とし、聴従・聴許の意とし、また次条の從字条に「隨行するなり。(ちやく)从に從ふ。从は亦聲なり」とするが、卜文・金文に从に作り、從はその繁文。服従・従事の意に用いる。

[訓義]
1. したがう、後にしたがう、つく、よりそう。
2. すなお、ききいれる、ゆるす、まもる。
3. ことにしたがう、しごとをする、あつかう。
4. あとをおう、せめる。
5. 縦と通じ、たて、ほしいまま、はなつ。
6. 自と通じ、より、から。
7. ゆるやか、ゆったり、従容。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕從 シタガフ・ヨリ・ユルス・ヲフ・ホシイママ・ソヒク・ウツス・ヨル・キタル・ツカフ・コノムトモナシ・トモ・アレイツ/衡從 ヨコシ(サ)マ・タタシマ・タタサ〔字鏡集〕從 ウツス・ヲフ・ツヒニ・ユルス・シタガフ・ツカフ・キタル・ホシママ・アヒヒク・カサナル・コトムナシ・ユク・ヨリ・アシクツ・ソヒク・ヨル・コノム・ソビユ・アヒキク・コトンナシ・シヅカニユク

[部首]
〔説文〕に从を部首とし、從・の二字、〔玉〕にその異文を属する。

[声系]
〔説文〕に從声として・慫・縱(縦)など十字を収める。慫は慫慂(しようよう)、むりにすすめて従わせる意である。

[語系]
從・从dziongは同声。从は從の初文である。蹤・縱tziong、慫siongは、みな從の声義を承ける字で、一系の語である。

[熟語]
従意・従衛・従翁・従横・従駕・従学従扞・従諫・従騎・従姫従禽・従軍・従兄・従遣・従行・従佐・従坐・従死・従士・従子・従祀・従事・従車従者・従酒・従衆・従戎・従順・従初・従食・従心従臣・従声・従征従前従属・従俗・従卒従徴・従聴・従天・従奴・従納従婢従蹕・従服・従・従臾・従游・従来・従吏・従理・従流・従良・従逸・従恣・従親・従迹・従跡・従説・従約・従容・従欲
[下接語]
雲従・景従・合従・騎従・曲従・屈従従・三従・侍従・主従・臣従・随従・専従・聴従・追従・適従・忍従・陪従・牝従・賓従・風従・服従・僕従・面従盲従・類従・郎従

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる