浜松[市](読み)はままつ

百科事典マイペディアの解説

浜松[市]【はままつ】

静岡県南西部の市。1911年市制。天竜川浜名湖を東西の境とし,三方原(みかたはら)台地の大部分と遠州灘に臨む海岸平野を占める。中心市街は東海道の宿場町,浜松城の城下町として発展,県最大の商工業都市となった。東海道本線・新幹線,飯田線,天竜浜名湖鉄道,東名高速道路が通じ,遠州鉄道の起点をなす。合併に伴い,市域は高山市に次いで全国2位の広さ。かつては綿織物が盛んであったが,明治中期からピアノ等の楽器製造で知られ,自動車・オートバイ部品の製造のほか1992年浜松地域テクノポリスの母都市に指定され,一般機器,金属製品,電気機器工業が発展して市の製造品出荷額は2兆5168億円(2003)を上げ,県内1位である。農村部はミカン,スイカ,キュウリ,メロン等を産するが,兼業化が顕著。北部は大半が山林で,林業が行われる。縄文(じょうもん)期の蜆塚(しじみづか)貝塚,弥生〜平安期の伊場遺跡,舘山寺(かんざんじ),航空自衛隊浜松基地がある。5月の凧(たこ)揚げ祭は有名。2005年7月天竜市,浜北市,周智郡春野町,磐田郡佐久間町,水窪町,龍山村,浜名郡舞阪町,雄踏町,引佐郡細江町,引佐町,三ヶ日町を編入。2007年4月,政令指定都市に移行。区,区,区,浜北区,西区,区,天竜区の7区がある。1558.06km2。80万866人(2010)。
→関連項目館林藩浜松医科大学引間村櫛荘竜洋[町]

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

はままつ【浜松[市]】

静岡県南西部の中心都市。1911年市制。人口56万1606(1995)。市域の大部分は浜松平野の南西部および三方原台地,海岸砂丘地からなり,東は天竜川,西は浜名湖を境とする。1871年(明治4)廃藩置県により,一時浜松県の県庁所在地になったが,5年後に浜松県は廃止され静岡県に合併された。綿織物を主とする繊維,ピアノやオルガンなどの楽器,オートバイと自動車の輸送用機械が三大工業である。藩政末期に農家の副業として北部で盛んであった綿織物業は,1889年の東海道本線浜松駅開業後は駅周辺に中心が移り,工場制工業に転換,全国有数の綿織物産地に成長するとともに関連の織機・染色工業の発達をみた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内の浜松[市]の言及

【静岡[県]】より


[沿革]
 県域はかつての遠江(とおとうみ),駿河,伊豆3国のほぼ全域にあたる。江戸時代は広大な天領を駿府(すんぷ)(駿河),中泉(遠江),韮山(にらやま)(伊豆)の代官所が支配したほか,旗本領,沼津藩浜松藩をはじめ中小の譜代諸藩,寺社領が複雑に入り組んでいた。1868年(明治1)徳川宗家の移封によって,駿河全域と遠江の大部分(一部に同年堀江藩が立藩),および東三河からなる府中藩(翌年静岡藩と改称)が成立,そのため駿河の沼津,小島(おじま),田中,遠江の相良(さがら),掛川,横須賀,浜松諸藩は,安房・上総両国に移された。…

【引間】より

…《吾妻鏡》の建長4年(1252)3月25日の条に〈昼引間,夜池田〉と見え,また《十六夜(いざよい)日記》にも引間宿に泊まるとあり,中世の紀行文などにはしばしば現れる。東海道交通の要地であるばかりでなく,浜松荘の荘園市場にはじまり,遠江の商業・流通の中心地として,とくに室町期には市も発達した。1456年(康正2)には徳政一揆が起こり,蒲御厨(かばのみくりや)の農民たちが引間市の土倉を襲撃した。…

※「浜松[市]」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

イオ・ミン ペイ

国籍米国専門建築家肩書I・Mペイ&パートナーズ社代表 米国芸術科学アカデミー会員生年月日1917/4/26出生地中国・広東省学歴マサチューセッツ工科大学(MIT)卒;ハーバード大学デザイン大学院修士課...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android