糸・絲(読み)いと

精選版 日本国語大辞典「糸・絲」の解説

いと【糸・絲】

〘名〙
、綿、麻、毛などの繊維を細く長くのばし、よりをかけて作ったもの。織物、縫い糸、編み物糸など。
※古事記(712)中「糸の従(まにま)に尋ね行けば、美和(みわ)山に至りて神の社に留(とど)まりき」
※枕(10C終)三一「うるはしきいとのねりたる、あはせぐりたる」
② ①のように細く長い形をしたもの。また、そのような形のさま。「はちすの糸」「くもの糸」
※万葉(8C後)一〇・一八五一「青柳の絲の細(くは)しさ春風に乱れぬい間に見せむ子もがも」
③ 琴、(そう)琵琶、三味線など弦楽器の弦。また、それらの弦楽器や、弦楽器を使う曲。
※延喜式(927)二一「凡楽器絃料絲。和琴一面〈長六尺二寸料絲二両〉。〈略〉右計須絲。二年一度請受」
※浮世草子・武道伝来記(1687)一「糸(イト)の音じめに愁歎ふくみて」
④ (糸のようなねばりを引くところから) 納豆をいう女房詞。いとひき。
※御湯殿上日記‐文明一二年(1480)四月四日「みなせよりいとまいる」
絹糸生糸
※統道真伝(1752頃)万国「従天竺積来物、絲巻物薬種伽羅蘇木鮫珊瑚珠等也」
⑥ 釣り糸。→糸を垂れる
草根集(1473頃)二「つりの糸にひとたびかかるうろくつの引るるほどのをそまつ」

し【糸・絲】

〘名〙
① いと。また、いとのように細い物をいう。〔書経‐禹貢
② 割(わり)の一万分の一。(毛)の一〇分の一。
※塵劫記(1627)上「一より内の小数の名の事 両、文、分、、毫、糸(シ)」 〔孫子算経‐上〕

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

国立国会図書館

国立国会図書館法に基づいて設置された図書館。1948年の設立当初は赤坂離宮を使用したが,1961年東京都千代田区永田町に新築移転した。国立図書館であり同時に国会図書館でもあるため国会の立法行為に関する...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android