ひょんな(読み)ヒョンナ

デジタル大辞泉の解説

ひょん‐な

[連体]思いがけないさま。意外な。妙な。「ひょんな縁で知り合いになる」「ひょんな気を起こす」

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

大辞林 第三版の解説

ひょんな

( 連体 )
思いがけないさま。意外な。奇妙な。 「 -所で出会う」 「 -ことから知りあう」

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

精選版 日本国語大辞典の解説

ひょん‐な

連体〙 予期に反して不都合なこと、異様なことについていう。思いがけない。意外な。また、妙な。〔日葡辞書(1603‐04)〕
※牛部屋の臭ひ(1916)〈正宗白鳥〉三「娘がひょんな噂の立てられるのさへ厭うて」

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

今日のキーワード

天泣

上空に雲がないにもかかわらず,雨が降る現象。風上にある雲からの雨であったり,雨が降ってくる間に雲が移動したり消えたりする場合などに起こる。天気雨,狐の嫁入りともいう。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ひょんなの関連情報