ウォッカ

百科事典マイペディアの解説

ウォッカ

ロシア特産の蒸留酒。無色無臭透明で,アルコール分40〜60%。ライ麦大麦に麦芽を加え糖化,発酵させ,蒸留したもの。現在はジャガイモトウモロコシを主原料にしている。ウォッカの特色は蒸留酒をシラカバの木炭をつめた濾過(ろか)層を通して濾過し除臭・精製する点にある。14世紀末から製造され,1917年のロシア革命後,亡命ロシア人によって世界各国で作られた。ウォッカをベースとするカクテルも普及している。
→関連項目カクテルスクリュードライバーブラディメアリー

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ウォッカ【vodka】

アルコール分40%以上の無色透明の蒸留酒の一種。名称はロシア語のワダvoda(水)に由来する。ロシアで穀類からつくりはじめたのは14世紀末である。その製造と販売はつねに国家のきびしい規制を受け,ウォッカに課される税金は国庫の最も重要な収入源となった。ふつう小麦,大麦,ライ麦,トウモロコシなどの穀類あるいはジャガイモを原料とするが,ブドウサクランボ,リンゴ,ナシなどの果実や蜂蜜からもつくることができる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のウォッカの言及

【蒸留酒】より

…連続式蒸留機の蒸留酒は,アルコールの純度が高まるほど原料の特徴が失われ,酒はソフト化する。グレーンウィスキー,アルマニャックのほか,19世紀初めまでは単式によっていたウォッカ,アクアビット,ライトラム,さらにブレンド用ブランデー,甲類焼酎(ホワイトリカー)などが,現在この型の蒸留機によってつくられている。【菅間 誠之助】。…

【中国酒】より

…(7)その他 ここに区分されるものはおもに外国起源の酒で,洋酒としている文献もある。白蘭地(ブランデー),威士忌(ウィスキー),金酒(ジン),俄斯克(ウォッカ),蘭母酒(ラム)などで,これらのうち烟台の金奨白蘭地は歴史も古く,全国名酒に数えられている。【鈴木 明治】。…

【ロシア料理】より

…古くからロシア人の食べ物として知られたのは,ライ麦からつくる黒パン,各種の穀物の粥(カーシャ),デンプンを用いるゼリー状のキセーリなどで,これらは12世紀以降の年代記などにあらわれる。飲物としては麦芽を発酵させてつくるクワス,蜜酒,ビールが愛好され,ややおくれてウォッカがこれに加わった。各種の獣肉,鳥,魚も早くから食されたが,チョウザメの卵であるキャビアが本格的にロシア料理に取り入れられたのは,16世紀後半にカスピ海に注ぐボルガ川の下流がロシアの領土に組み入れられてからである。…

※「ウォッカ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ウォッカの関連情報