コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ウォツカ vodka

翻訳|vodka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ウォツカ
vodka

おもにロシアで造られる蒸留酒一種ライ麦小麦大麦じゃがいもなどを原料として発酵させ,蒸留したもので,無味,無臭,無色であるために調合に適している。市販のもののアルコール濃度は 40~60%。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ウォツカ
うぉつか
водка vodka ロシア語

ロシアの代表的な蒸留酒。ウォツカはロシア語のウォダвода/voda(水)からきた名称で、「かわいい水」という意である。ウォツカはロシアで14世紀のころからつくられ、帝政末期のロシア皇帝もこれを愛飲したといわれる。以前はロシア以外にポーランド、バルト海沿岸諸国でのみ生産されていたが、第二次世界大戦後は世界各国に広がり、とくにアメリカでは目覚ましく、最近ではロシアをしのいで世界一のウォツカ産出国になった。[秋山裕一]

製造法

ウォツカの原料は、ジャガイモ、オオムギ、トウモロコシ、コムギが使われる。これらを蒸煮(じょうしゃ)し、オオムギの麦芽で糖化後、発酵させ、高性能の連続式蒸留機で精留する。この中性アルコールを加水し、白樺(しらかば)炭の層を通す。白樺炭は数本から多いものは20本ほどの銅またはステンレス製の円筒に詰められており、この中をゆっくりと流すことにより、粗さや不純物からくるにおいや味がとれて、ウォツカ特有のまろやかな甘味のある酒になる。ウォツカの貯蔵は木樽(きだる)は使用せず、ステンレスや、ほうろうタンクが用いられる。[秋山裕一]

飲み方

ウォツカは、アルコール分が40~60%、無色。冷やしてストレートで飲むほかに、カクテルの主要なベースとして使われる。ロシア料理の食前酒はウォツカのストレートを供する。アルコール分が高いので、ミネラルウォーターやトマトジュースで割って飲む。日本ではスミノフSmirnoff、サモーバーSamovar、ギルビーGilbeyなどが有名である。ロシアやポーランドにはフレーバーを加えたウォツカがあり、ズブロフカZubrovkaは芳草ズブロフカ草を浸漬(しんし)したもので、芳香がある。ほかに砂糖、香辛料、ワインなどを入れたものや、ナシやリンゴの葉を浸漬したスタルカStarkaなどがある。[秋山裕一]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ウォツカの関連キーワードコーポレート・アートディスティラーズクレメンチュグ原語別外来語集スピリッツザクースカスームイ州ロシア料理オードブルディアジオリキュール飲料製造業シーグラムナイセ川ライムギ世界の諺ウオツカカクテルルツクセメイ

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android