コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

段・常 きだ

大辞林 第三版の解説

きだ【段・常】

〔「きた」とも〕
( 名 )
布の長さを測る単位。一常は一丈三尺。 「布一-/日本書紀 天武下訓
田畑の面積を測る単位。たん(段)。 「おほよそ田は長さ三十歩、広さ十二歩を-とせよ/日本書紀 孝徳訓
( 接尾 )
助数詞。切れめを数えるのに用いる。 「軻遇突智かぐつちを斬り三-になす/日本書紀 神代上訓

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

段・常の関連キーワード日本書紀

今日のキーワード

ムガベ大統領

1924年、英植民地の南ローデシア(現ジンバブエ)生まれ。解放闘争に参加し、80年にジンバブエを独立に導いた。同年から首相、87年から大統領として実権を握り続けた。2000年以降は白人農場主の農園を強...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android