コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

青森[市] あおもり

百科事典マイペディアの解説

青森[市]【あおもり】

青森県中部,青森平野と周辺山地,津軽平野東部を占める市。1898年市制。県庁所在地。青森湾に面する中心市街は津軽藩の港として発達。明治以降は青函連絡船,上野〜青森間の鉄道の開設によって,本州北海道を結ぶ交通の要地となった。
→関連項目青森[県]

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

あおもり【青森[市]】

青森県のほぼ中央部にあり,青森湾にのぞむ市。1898年市制。人口29万4167(1995)。1624年(寛永1)津軽信牧(2代藩主)によって開港され,津軽藩の外港として発展した。開港当時は遠く北陸方面からも移住者を募り,町づくりがなされた。1871年(明治4)県庁が置かれて,県の政治・経済の中心となり,また北海道の開発が進むにつれ,北海道と本州を結ぶ交通の要地として,重要な位置を占めるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

青森[市]の関連キーワード酸ヶ湯[温泉]三内丸山遺跡青函トンネル浅虫[温泉]八甲田山青森県ねぶた