コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

分散(統計) ぶんさん

百科事典マイペディアの解説

分散(統計)【ぶんさん】

資料x1,x2,…,x(/n)の偏差の2乗の平均値,つまり(式1)をいう。ここでx=(x1+x2+…+x(/n))/nは資料の平均値。資料の散らばり具合を表し,分散が小さいほど資料は平均値付近に集中する。
→関連項目F分布

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android