コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

山梨[市] やまなし

百科事典マイペディアの解説

山梨[市]【やまなし】

山梨県中部の市。1954年市制。甲府市の東隣に位置し,甲府盆地北東部と秩父山地の一部を占め,北端国師ヶ岳甲武信ヶ岳(こぶしがたけ)がそびえる。中心は青梅街道宿駅として発達した日下部(くさかべ)と中央本線の駅前集落加納岩(かのいわ)。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

やまなし【山梨[市]】

山梨県甲府盆地の北東部にある市。1954年市制。人口3万1825(1995)。市域の主要部は笛吹川扇状地上にあり,かつては米作・養蚕地帯であったが,1950年代後半からブドウ,モモの栽培に転じ,今では隣町の勝沼,一宮とともに果樹地帯となっている。とくに西部の旧山梨村地区は南向きの山麓斜面を開墾してビニルハウスによるブドウの促成栽培が行われている。中央本線山梨市駅のある加納岩(かのいわ)地区と明治以降官公署の集まっていた日下部(くさかべ)地区の二つの中心地があったが,新都市計画により2地区は統合された。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

山梨[市]の関連キーワード甲府[市]甲府市

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android