コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

応仁・文明の乱 おうにんぶんめいのらん

1件 の用語解説(応仁・文明の乱の意味・用語解説を検索)

百科事典マイペディアの解説

応仁・文明の乱【おうにんぶんめいのらん】

15世紀後半の内乱。応仁1年(1467年)に起こり,一応の決着をみた文明9年(1477年)まで続いた。応仁の乱ともいう。将軍足利義政の弟義視(よしみ)と子義尚(よしひさ)の,さらに畠山・斯波(しば)両氏の相続争いを契機に,細川勝元山名宗全の二大勢力が激突。
→関連項目安居院芥川城浅井氏足利義尚足利義視足軽一条兼良一条家大部荘上京・下京河口荘観音寺城京都[市]河野氏後柏原天皇後土御門天皇後法興院記薩南学派実隆公記倭文荘斯波氏清見寺大乗院寺社雑事記高屋城垂水荘親長卿記坪江荘富樫氏富樫政親徳政一揆蜷川親元日記日本畠山政長畠山義就花の御所日野富子平安京碧山日録村櫛荘山城国一揆瑠璃光寺鹿苑寺六角氏六角征伐

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

応仁・文明の乱の関連キーワード応仁の乱呉派白鳳時代摂関時代ニヒリスト後半戦ヨーク大聖堂漢人夜菩調淡海漆部兄

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

応仁・文明の乱の関連情報