コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

若松[町] わかまつ

世界大百科事典 第2版の解説

わかまつ【若松[町]】

長崎県西部,南松浦郡の町。人口4759(1995)。五島列島のほぼ中央に位置し,町域は五つの有人島(若松島,日島,有福島,漁生浦(りようせうら)島,中通島南西部)と25に及ぶ無人島からなる。主島の若松島(面積38km2)は山地が沈水してできた島で,リアス式海岸が発達する。東岸に位置する若松が中心集落で,その港は沿岸・沖合漁業の基地となっている。海岸の景観は美しく,西海国立公園に含まれ,また海水の透明度がよいことから,1972年に若松島と中通島の間の若松瀬戸の3海域が海中公園に指定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

若松[町]の関連キーワード長崎県南松浦郡隠れキリシタン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android