若松[町](読み)わかまつ

百科事典マイペディアの解説

若松[町]【わかまつ】

長崎県南松浦郡,五島列島若松島,日ノ島,有福島および中通(なかどおり)島南西部を占める旧町。主集落の若松は沿岸・沖合漁業の漁港。近年はハマチなどの養殖が盛ん。隠れキリシタン集落が多い。若松・中通両島間の若松瀬戸は大規模な溺れ谷(おぼれだに)で,西海国立公園中の景勝地。2004年8月南松浦郡上五島町,新魚目町,有川町,奈良尾町と合併し,南松浦郡新上五島町となる。60.21km2。4199人(2003)。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報

世界大百科事典 第2版の解説

わかまつ【若松[町]】

長崎県西部,南松浦郡の町。人口4759(1995)。五島列島のほぼ中央に位置し,町域は五つの有人島(若松島,日島,有福島,漁生浦(りようせうら)島,中通島南西部)と25に及ぶ無人島からなる。主島の若松島(面積38km2)は山地が沈水してできた島で,リアス式海岸が発達する。東岸に位置する若松が中心集落で,その港は沿岸・沖合漁業の基地となっている。海岸の景観は美しく,西海国立公園に含まれ,また海水の透明度がよいことから,1972年に若松島と中通島の間の若松瀬戸の3海域が海中公園に指定された。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

適応障害

心理社会的なストレスがはっきりと認められ、情緒面や行動面に問題が生じるもの。職場の人間関係、夫婦間の葛藤を始め、親の離婚、子供の自立、失恋、身体疾患など、一過性のものから持続的なものまで、ストレス因子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android