参(漢字)

普及版 字通「参(漢字)」の解説


常用漢字 8画

(旧字)參
11画

[字音] サン・シン
[字訓] かんざし・まじわる・みつ・まいる

[説文解字]
[甲骨文]
[金文]

[字形] 会意
旧字は參に作り、(るい)+(しん)。は三本の(かんざし)の玉の光るところ。は人の側身形に彡(さん)を加えて、人の髪(しんぱつ)の長いさま。〔説文〕七上に晶に従う形に作り、「星なり。晶に從ひ、聲」とする。参星の名に用いるのは後の用義。卜文・金文の字形は、飾を加えた人が拝する形である。を並列に施す形は齊(斉)(せい)で、整う意があり、斜めに飾を加える參は参差(しんし)の意となる。飾三本の意より、数の三に用いる。金文では数字としての三は「參(司)(さんいうし)」のような名数のほか、分数的表示のときに用いる。

[訓義]
1. かんざし、三本のを中央に集めて挿す。
2. みつ、三つならぶ、たちならぶ。
3. まじわる、あずかる。
4. 参差(しんし)、ふぞろい、こもごも。
5. まいる、飾を加えて神にまいる、もうでる、まみえる。
6. 三分する、三つにわける、くらべる、はかる、三たびする。
7. 三つ星。
8. と通じ、いたましい。

[古辞書の訓]
〔名義抄〕參 マイル・カムカフ・マジハル・ワカレニタリ・タガフ・ソムク・チカシ・イタル・マジフ

[声系]
〔説文〕に參声として驂・慘(惨)・など十二字を収める。驂十上は「三馬を駕するなり」とあり、そえ馬。慘tsmはtsm、滲shimは沁tshimと声義近く、參の声義を用いるものではない。

[熟語]
参穢・参夷・参謁・参加参賀・参駕参会・参劾・参画・参革・参核参較参看・参勘・参観・参玩・参議・参疑・参求参咎・参御・参共・参・参偶・参軍参詣参稽・参決・参検・参験・参互・参伍・参候・参考・参校・参耕・参合・参佐・参座・参錯・参察・参雑・参賛・参讚・参伺・参咨参事・参実・参酌参集・参従・参承・参掌・参証・参照・参乗・参尋・参正参政・参戦・参奏・参綜・参対・参知・参朝・参・参定・参天・参典・参透・参同・参堂・参拝・参駁・参罰・参半・参分・参聞・参辟・参謀・参訪・参問・参預参与・参輿・参用・参両・参僚・参寥・参領・参礼・参麗・参列・参録・参差・参商・参辰・参参
[下接語]
帰参・稽参・見参・古参・降参・合参・商参・新参・趨参・遅参・朝参・内参・日参・不参・墓参

出典 平凡社「普及版 字通」普及版 字通について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

幸福追求権

日本国憲法 13条に保障する「生命,自由及び幸福追求に対する国民の権利」を一体的にとらえて観念された場合の権利。アメリカの独立宣言中の,「〈天賦不可侵の権利〉のなかに生命,自由および幸福の追求が含まれ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android