宮城[村](読み)みやぎ

世界大百科事典 第2版の解説

みやぎ【宮城[村]】

群馬県中央部,勢多郡の村。人口8361(1995)。赤城山南斜面にあり,東境を粕川,中部を荒砥(あらと)川,西部を大穴川が南流する。この地方特有の空っ風に備えた防風林に囲まれる民家が多い。地味が悪いため水田よりも桑園が広かったが,1969年群馬用水が完成し,開田圃場整備が行われている。畜産が農業の中心で,シイタケも栽培されている。荒砥川上流に赤城温泉(含ボウ硝セッコウ泉,44℃),忠治温泉(炭酸鉄泉,25℃)があり,赤城登山の基地となっている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

グランピング

「グラマラス(Glamorous)」と「キャンピング(Camping)」を掛け合わせた造語で、ホテル並みの設備やサービスを利用しながら、自然の中で快適に過ごすキャンプのこと。従来型のキャンプとは一線を...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android